神狩り

山田正紀 / ハヤカワ文庫JA
(31件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
2
4
16
6
0
  • 著者の商業デビュー作

    数年ほどブランクを空けては忘れ、忘れては買い直して、これで通読3回目。
    「情報工学の天才」な主人公が巻き込まれたトラブルから始まり、人智を越える論理構造の言語との格闘、
    果ては霊感能力者までゾロゾロ登場してタイトル通り「神」を「狩り」たてようと試みる物語。
    神は邪悪なりというテーゼを大前提とする展開になるため、その辺合わない人には厳しいかも。
    執筆された時代の空気によるものか、今改めて読んでみると「幻魔大戦」を何となく思い出した。
    (相手が強大すぎてオープンエンドにならざるを得ない所も含め)
    同人誌用に執筆した原稿を代表が編集部に持ち込んでデビュー決定という経緯も異例だが、
    同人でここまで描ききってしまう筆力は流石というべきか。
    続きを読む

    投稿日:2013.10.08

  • SF的アイディアと勢い

    個人的に、「宝石泥棒」、「エイダ」、「チョウたちの時間」他、好きな作品がたくさんある山田正紀氏ですが、その中でもこの「神狩り」と「弥勒戦争」は何度も読み返してしまいます。あらすじは、書籍説明に書かれてますので省略するとして、個人的な感想を。人間には理解できない構造の言語や”神”の位置づけ等、SF的なアイディアに溢れながら、小説としてはある意味荒々しい、勢いで突っ走っている、でもそれが魅力です。(ちなみに、"神"の扱い等は、今でこそありがちなガジェットですが、日本ではこの作品がさきがけじゃないか、と個人的には思っているのですが)
    発表は1974年、でもその熱気はまだまだ読み取れる、と思います。若い人が読んだらどう感じるか、オジサンは気になります。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.10

  • どうもしっくりきませんでした。

    ウィトゲンシュタインの神観にインスパイアされたと思われる作品です。
    論理空間そのものが異なるものを≪神≫と定義して、それを狩り出そうというアイデアは面白く序盤は夢中になったのですが、中盤以降は霊能力が中心になっていくので、あまり私の好みの展開ではありませんでした。
    ウィトゲンシュタインの神と、死んだ女の霊や、学生運動などに関連性を見いだせず、どうもしっくり来なかったのが残念でした。
    続きを読む

    投稿日:2014.09.24

ブクログレビュー

"powered by"

  • 横溝ルパン

    横溝ルパン

    人間には理解できない謎の文字、それは人間以上の存在・神のメッセージという設定は面白かったです。
    しかしラストがあっさりしていて、せっかく広げた大風呂敷がもったいない気がしました。(^^;

    投稿日:2019.09.08

  • もるがな

    もるがな

    文字通り、人類に共通するあの「神」を狩ろうと闘いを挑む人間たちの物語。全体的にやや哲学的で読み手を選ぶ雰囲気はあるが、言語学の観点で神という存在を再定義する試みが非常に面白かった。数多の作品が曖昧に扱ってきた神に対して、ある程度納得のいく解釈を提示するのが本作の最大の見所だろう。文字通り人智を超えた存在である神という存在に近づけば近づくほど、人間的な様相を捨て去って狂気へと近づいていく。その無謀とも言える神に挑む人間の闘いを余す所なく描き切った傑作。続きを読む

    投稿日:2019.05.27

  • anri0912

    anri0912

    大好きな伝奇小説。
    神に挑む人間と言った内容。
    終わり方が気になるなぁと思っていたら、どうやら続編もあるようで!

    このまま終わりにしてしまっても良いけど、何となく続きも気になる。
    読むかどうか悩むところ。続きを読む

    投稿日:2019.03.10

  • 波瀬龍

    波瀬龍

    【読書ノート】
    ・ニーモシネ1-30

    【要約】
    ・しかしデビュー作とは思わなかった。本屋で「神狩り2」を見て、何かすごそうな作品だとタイトルで思って、しかも山田正紀だし、ということで興味を持ったのがきっかけ。

    【ノート】
    続きを読む

    投稿日:2018.10.28

  • tsin45

    tsin45

    続編があるようなことを、神林長平の解説に書いてあるけれど、それがなく一つの作品としてみると、かなり微妙だなあ。

    投稿日:2018.10.21

  • sho3dai

    sho3dai

    古代文字をとっかかりとし、神を暴こうとする作品。古代文字の特徴から理論的に神が証明されていく展開は面白い。神という絶対的な存在と主人公たちを襲う事件は証明途中であるはずの神をより強く表しているよう。展開に単調さも感じてしまったが、高みに上がっているのか、落ちぶれているのかが分からない主人公の行く末はぜひ見てみたいと思いました。続きを読む

    投稿日:2018.06.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。