ちはやふる(34)

末次由紀 / BE・LOVE
(30件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
9
11
5
0
0
  • 次はない!最初で最後のクィーン戦へ

    高校最後の夏が終わりクィーン戦に突入と思いきや、
    その前に3年生にとって一番大事な“受験”が始まります。

    受験組のかなちゃん・つくえくん・肉まんくんとクィーン戦組の千早。
    高3では当たり前のイベントですけど、
    3年間一緒にやってきた仲間が違う方向を見て進むのは読んでいて切なすぎます。

    そして太一が“千早の音を聞き分ける力は今がピークかもしれない”と発した時、
    今度のクィーン戦では最高の状態の千早が見れる期待感と
    ちはやふるが終わりに近づいている悲しい気持ちになりました。
    詩暢ちゃんも明星会でかるたを始めたきっかけを思い出したみたいで、
    今までとは違うクィーン像を見せてくれる期待感があります。

    それにしても、スノー丸グッズを企画する会社は何を考えているんだか…。
    まさか、ももひきまで商品化するなんて!?
    それを履く詩暢ちゃんも詩暢ちゃんもですけど…。
    続きを読む

    投稿日:2017.03.23

  • なんか、なんか!盛りだくさんですごい!

    今回のちはやふる、ものっすごいお得感あります。内容が濃い感じ。ちはやも太一もクイーンも名人もかなちゃんも肉まんくんも机くんも、あとドSの須藤さんもみんなそれぞれストーリーがあってすごいことになってます

    それでもって絵が綺麗なんですよねぇ、相変わらず。
    受験を控えたちはや、勉強とかるたの両立頑張れ~。
    でもクイーンも本当になんていうか、孤独で胸打たれます。応援しちゃうな、どっちも。とりとめなくなるので、まとめます!

    本巻のポイント
    ・ちはやのラップ
    ・人をダメにするスノー丸ソファー
    ・机くんの宝物
    ・クイーンのいけず
    ・名人のあわてっぷり

    どうぞご賞味ください^^
    続きを読む

    投稿日:2017.03.25

  • 部活は引退しても次に向けて走る千早

    ついに部活引退。
    空虚感漂う中、部室の大掃除なんて千早も太一も偉いなぁ。
    今度はクイーン戦と大学受験という二つの目標に向けて走り始める。
    とは言え、千早の英語の勉強法があまりにも独特すぎて笑える。
    防名人だって天才と言われながらも、やっぱり並々ならぬ努力をしていたんだな。
    そりゃあ千早に「甘い」と言いたくもなるわ。

    今回は緊迫した試合の場面はないけれど、読手の基本や発音の奥深さを感じる作品でした。
    続きを読む

    投稿日:2017.04.06

  • それぞれの進路

    慣れ親しんだキャラ達との別れが近いんだなぁ。と感じた巻。
    次巻も販売中なんで、お得なときに購入しようと思いました。

    投稿日:2017.10.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • ここP

    ここP

    このレビューはネタバレを含みます

    かなちゃん肉まんくんの気持ち、ちゃんと気付いてたんだねぇ…。

    周防さんを出し抜きたい須藤さんと、札の声が聞こえなくなりかけたしのぶちゃん。
    感じにはピークがあると言われて、クイーン目指すことを決意する千早。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.02.02

  • 虹風 憂璃

    虹風 憂璃

    このレビューはネタバレを含みます

    3年生は部活も一段落し、東日本予選に向けて、受験に向けて頑張る巻。

    肉まんくん、かなちゃんにちゃんと“うそ”が伝わっててよかったねぇ。

    一方で詩暢ちゃんの巻、かなあ。
    札と友達のような気持ちでやっていたら、あのTV演出は厳しいだろう。

    伊勢先生、なかなかに黒い……。
    そしてなんだかんだ名人は、詩暢の孤独を理解している。

    ここにきて、須藤さんが一気にいい人になってきた!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.09.29

  • エリエール

    エリエール

    一区切り。3年生はそれぞれ受験へと足を進める。
    そんな一区切りの最後、吹奏部と部室交換をかけたカラオケバトルが勃発し、そこで溢れた机くんの涙に、物語に寄り添っていた私たちも、思わず涙。

    2年半、ただの時間だったものが、宝物になった。

    カルタ部の皆と過ごした時間が、宝物。
    何かに一生懸命になること。
    誰かと一緒に勝ち負けを経験するとこ。
    誰かの力になりたいと思ったこと。
    後半が出来て、伝えたい事が出来たこと。
    受け継いでくれる喜びを知ったこと。
    あの時千早が、太一が声をかけていなかったら、ただ勉強をするだけの2年半になっていたかもしれない。
    机君にとってカルタ部で過ごした2年半は、本当に今後の人生に多大な影響を与えたんだろう。
    ちょっと思い出しただけでもこれだけ出てくるぐらいなんだから、きっと本当に、本当にあの時の机君は嬉しくて仕方なかったんだろうなぁ…。

    そんな一区切りをつけた皆を見て、千早はというと、太一に促されるまま見た 名人VSクイーン戦 徹底解析番組で腹を決める。


    それぞれが思うことが一気に出てきて、なんかもうそれぞれの場面で涙して、もう、最高かよ、の一言に尽きる。

    名人になりたい須藤さんも、詩暢ちゃんのカルタへの想いも。
    そして周防さんの詩暢ちゃんへの優しさも。
    全部が全部、それぞれに視点を合わせていて全部に涙!
    感想書いてても話がまとまらない!以上!
    続きを読む

    投稿日:2018.08.16

  • blackkitty

    blackkitty

    このレビューはネタバレを含みます

    ・174 ホコリにも思い出を見出す千早と太一
    ・175 読手の音源はハイレゾですかね。太一って、千早といっしょなのは小学生のときだけですよね。なのに、おなじみな雰囲気。洗い物は各家庭で流儀があるので、許可を得て、方法を確認して
    からが無難。
    ・176 千早は読手データ入手ならず。美人がなんの武器にならない不思議な世界観。
    ・177 詩暢が営業/接待かるた。いつキレるかと思ったのでした。
    ・178 詩暢も名人も行かないって、言ったのに。詩暢がたよるのは、新と名人。詩暢は、営業かるたで吹っ切れたのかと思ったら、負担だったみたい。性別違いで負けている(周防、新)のに、最強気取りは同意。詩暢はグイグイ来る小学生で吹っ切れた感じ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.08.15

  • あさみちゃん

    あさみちゃん

    部活引退のときは切ないね、机くんの涙にじーんとしました。宝物、私にもあるから。千早、両立大丈夫?と思っちゃいました。パワーと熱意はわかるけど。詩暢ちゃんのかるたへの想いにも胸を打たれました。

    投稿日:2017.09.23

  • hoshisato3

    hoshisato3

    クィーンの夢も大学受験も頑張る!!って、現在いい歳の大人の私には、現実は甘くないよって冷静に思ってしまうのだけど、確かに千早くらいの時は私も何かわからないけどがむしゃらに頑張ろうって意欲はあったなぁ…これが若さ、青春なんだよなぁ…としみじみ感じ入りました。頑張れ千早!
    太一と千早が一緒に吹奏楽部とのカラオケ対決したり、周防名人と偲暢ちゃんの特番見てたりしてるとこは胸がキューンとなって嬉しいような、切ないような。
    須藤さんSな人かとばかり思ってましたが優しいんですね。須藤さんの夢も叶うといいですね。
    というか、みんなの夢がかなって欲しい。
    続きを読む

    投稿日:2017.07.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。