時限病棟

知念実希人 / 実業之日本社文庫
(128件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
21
43
45
6
1
  • 暗号・謎解きありの「リアル脱出ゲーム」。

    監禁された男女5人が病院から脱出するゲーム。
    ゲームといってもアトラクションのような楽しいものでなく、
    タイムリミットの6時間が過ぎるとガソリンが爆発し病院が火の海になる、
    まさに命がけです。

    でも、本質は脱出ではなく殺人事件の犯人捜しです。
    犯人を突き止める証拠はほとんどなく、あるのは関係者の証言だけ。
    疑心暗鬼状態での疑惑の擦り付け合い、タイムリミットが近づく中でもお互いが信じられず
    バラバラになっていく展開は見たくない人間の姿をあらわにしています。

    僕が一番驚いたのは“凶器の隠し場所”。人の執念、怨念の強さを感じさせられました。

    ただ、警官の話は必要なかったかも。病院内だけで全部解決できればよかったのに・・・。

    「病棟シリーズ」ということで前作『仮面病棟』の続編になりますが、
    『仮面病棟』を読んでいなくても謎解きに影響は全くありません。
    逆にこの本を読んでから『仮面病棟』を読むとネタバレになってしまうので注意してください!



    続きを読む

    投稿日:2016.10.23

  • リアル脱出ゲーム

    生死をかけた病院からのリアル脱出ゲーム。
    とてもスピード感があって、脱出ゲームの世界に引き込まれてしまいました。
    ラストは全く予想していなかった展開で、読み手としては「してやられた感」半端ない(笑)

    この「時限病棟」だけ読んでも十分楽しめるものですが、できれば前作の「仮面病棟」から
    読むことをお勧めします。登場人物は全く違いますが、ストーリーはつながっていますから。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.29

  • 面白かった

    非常に面白かった。サスペンス好きにはオススメです。ドラマ化されないかなー。

    投稿日:2017.04.16

ブクログレビュー

"powered by"

  • よし

    よし

    仮面病棟での登場人物がでてきて読んでいて良かったなと思います。
    拉致された5人 それには理由があり
    金庫の中にあった物でなぜそれぞれが集められたのかが明らかに。
    まさかのクライマックス!
    最後は泣けました。続きを読む

    投稿日:2020.01.19

  • やましたさん

    やましたさん

    脱出ゲーム好きにはたまらない作品。
    現場のリアルな雰囲気が読み取れてドキドキ。
    前作の仮面病棟と同じ舞台になっているのも尚良し。
    知念さんの作品は、この緊張感とテンポの良さにハマっちゃうんだよな。

    投稿日:2020.01.03

  • ひらひら

    ひらひら

    このレビューはネタバレを含みます

    なかなか面白いサスペンスだった。

    仮面病棟の舞台となった田村病院でおこる脱出殺人ゲーム。
    無実の罪で殺されてしまった医者の本当の殺人者を探すために、そして関係者から自白されるため、様々な罠をしかける。

    徐々に明かされる謎は興味深い。
    そうだったんだって事も何度もある。
    脱出ゲームの謎はゲームで使う予定だったからか、けっこうサクサクと解けていったな。

    でも面白くて一気読みしてしまった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.12.06

  • おじょー

    おじょー

    前作の『仮面病棟』に比べるとグロ系が強いなぁ…と思う。
    でも前作と同様、全体を通して読みやすく、こちらも半日で読破できた。
    登場人物のキャラも強めでわかりやすく、読書初心者には有り難い作品でした(*´ω`*)続きを読む

    投稿日:2019.10.29

  • ZERO

    ZERO

    仮面病棟に比べると分かりづらくてあまり面白くなかったです。登場人物が複数出てくると読みづらく途中でさじを投げかけました。読み終わっても何が面白かったのか分からず、仮面病棟ほどのこれからどうなってしまうだろうという緊迫さが伝わりませんでした。爆弾が仕掛けられているのに会話が長いと爆弾の残り時間が気になってしまう(笑)続きを読む

    投稿日:2019.10.26

  • DK

    DK

    このレビューはネタバレを含みます

    目覚めると、病院のベッドで点滴を受けており、他にも同じ境遇の人が男女合わせて5人。全て医療関係者且つある人事物と関係しているという状況で始まるリアル脱出ゲーム。いかにもなサバイバルゲーム展開ではあるが、ゲームの進行に加えて、登場人物の真相を明かしていくテンポが良く、リーダビリティは非常に高い。まさにリアル脱出ゲームという舞台をうまく借りた設定である。最後のサプライズについては、やはり「SAW」は偉大だったなぁ、という感慨が浮かんだ。続編ではないものの前作(?)のネタを次々に明かしていくので、前作をこれから読む人はやや取扱い注意。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.10.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。