暗殺教室 13

松井優征 / 週刊少年ジャンプ
(32件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
14
10
6
0
0
  • 幼き日の選択

    死神編でスポットライトが当たっているのは、間違いなくイリーナ先生ですね。
    さらに深く語られるその過去について、E組生徒達は詳しく知らないけれど、ちゃんと察してます。
    彼らの優しさにウルッときました。
    一度は裏切ってしまったイリーナ先生に、生徒の救出を最優先しようとする烏間先生でしたが・・・
    死神との戦いで二人の先生も成長というか、一皮剥けました。
    最近は化け物っぷりが強調されていた(笑)烏間先生も人間味が増して、イリーナ先生への態度も変化。
    殺せんせーでなくても、今後の展開に期待してしまいます!
    続きを読む

    投稿日:2015.03.04

  • 電書の編集方針が変わって買いやすくなりました!

    内容については言わずもがな、面白いです。
    今回、奥付の後に、カバーの折り返し部分とカバー下表紙が追加されました。これで作者のコメントと、カバー下芸が読めるようになりました。カバー下が気になって電子版を敬遠していた利用者も安心ですね!
    これは、いままではスクゥエア・エニックスのガンガン編集部など一部の編集部が採用していた手法ですが、ジャンプもついに採用してくれたようです。あとは、過去に電書出版された作品にも遡及的にこの手法を採用してくれたらいいと思います。電子書籍はアップデートが可能なコンテンツですから、期待しています。
    続きを読む

    投稿日:2015.03.05

  • 死神との戦いに決着&進路指導の時間\(^o^)/

    殺し屋死神との戦い。
    カラスマ先生とビッチ先生の関係。
    殺先生による進路指導。
    渚君の将来。
    色々内容盛り沢山です。

    ビッチ先生の話と渚君の話がお気に入りです。

    投稿日:2015.03.04

  • 原点回帰、そして変化点

    これまでのお話の原点回帰、そして変化点となる巻のように感じられました。
    イリーナの「原点」、主人公でありながらこのところ焦点を当てられなかった渚くんの「原点」の吐露。
    そしてその「原点」から得る「変化点」。これまでの日常から、少しずつ変化していく姿が描かれています。
    クラスの未来、教師陣の未来、殺せんせーの未来がそれぞれどのように進んでいくのか、期待が高まります。

    また、一部分でネウロを彷彿とさせるような描写があったように思えます。(私だけでしょうか?)
    続きを読む

    投稿日:2015.03.05

  • 渚くんが自分の能力に気付く

    すべてを受け止める最高の先生が進路相談しましたとさ。
    生徒の将来が楽しみです。

    投稿日:2015.03.03

  • 渚くんの秘密

    今まで語られなかった渚の秘密が明かされました。
    クラスの一人一人のエピソードももうすぐ終わって、
    ついに物語は核心に迫っていくのでしょうか。

    投稿日:2015.04.03

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • マンガタリ編集部

    マンガタリ編集部

    そういえば、実写版も公開されましたね。
    ポスターでは微妙な感じですが…どうなんだろう?
    作中では進路指導なども始まり、渚くんのお母さん登場。
    そういやこの作品、意外にこれまで「親」の影なかったなぁ。
    「卒業」まであと4か月。今後の展開が気になりますw。続きを読む

    投稿日:2019.05.31

  • 夢色

    夢色

    【あらすじ】
    殺せんせー暗殺に成功したその先は? 進路相談を行う事になったE組だが、渚は自分の才能の事で迷っていた。そして帰宅した渚を待っていたのは…!?

    【感想】

    投稿日:2018.06.16

  • toumei

    toumei

    死神、絶対勝てないと思った!
    わーパチパチパチパチ

    渚くんママはやばいけどそれでも愛してほしくて罪も許せるのは子どものサガか。

    イメチェンビッチ先生めっちゃかわいい。

    投稿日:2016.09.09

  • manap

    manap

    このレビューはネタバレを含みます

    殺せんせー暗殺に成功したその先は?
    進路相談を行う事になったE組だが、渚は自分の才能のことで迷っていた。
    そして帰宅した渚を待っていたのは!?

    死神編決着から進路相談、渚の母親の話、学園祭導入まで。
    死神編はひとえに死神がどうのよりも烏丸先生がいかに人間離れして超人であるか、がメインだった気がします。そしてビッチ先生との和解とほんのりいい雰囲気。重いものは背負ってやる、とか最後の薔薇のとことか、イケメンすぎてそりゃあ惚れちゃうよ。その後のイメチェンイリーナが可愛すぎてやられたよ。
    進路相談は意外と皆まともに先のことを考えていて驚いた。でも突っ込まれていたけど、地球を滅ぼす宣言してる先生に進路相談ってこれいかに。
    それにしても渚の家庭がこれほどに恐ろしい事になっていたなんて予想外すぎて…。お母さん怖すぎる。いや実際こういう自分の挫折を子供に押しつけていくタイプいるとは思うけど、こんなん息苦しいなんてもんじゃないだろうに。話通じなさすぎて怖い。おまけに放火を強要って…そんなことしたらE組脱出どころか退学、逮捕レベルなんですけど。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.04.06

  • 隼レイカ

    隼レイカ

    月を破壊し、来年3月に地球をも爆破すると予告した怪物の暗殺が成功しないまま、早くも1学期が過ぎた。プロ級の暗殺技術を持った「エンドのE組」の生徒たち。「死神」に翻弄される烏間の運命や如何に。

    投稿日:2015.12.03

  • 寒天

    寒天

    主婦になれるかどうかは一流の職人のような家事能力を持っているかではなくて相手がいるかなんだから、彼氏のいない主婦になりたい女の子に君ならなれるみたいなこと言っちゃダメだよ殺せんせー。たとえ主婦の適性を備えていても結婚できなきゃ主婦にはなれないんだからさ。…なんてことを考える私はもうジャンプコミックスを読む年齢じゃないんだろうな。続きを読む

    投稿日:2015.12.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。