ポアロ登場

アガサ・クリスティー, 真崎義博 / クリスティー文庫
(48件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
3
12
25
3
0
  • 探偵ですから、殺人事件以外も解決しちゃいます

    ポアロシリーズ3作目。よく考えると1人称はヘイスティングズなのでヘイスティングズシリーズと言うべきか?そんなお馴染みのコンビが殺人事件だけでなく、盗難事件や誘拐事件など様々な謎多き事件を鮮やかに解決していく14編の短編集。あまりにも簡単に解決しすぎて、ちょっと拍子抜けしなくもないが、まぁそれだけポアロが優秀ってことで。「チョコレートの箱」はポアロがまだベルギー警察の刑事課にいる時の事件で、ちょっと珍しいというか新鮮。そしてなんと!あのポアロが犯人間違えたー!それだけでも超レアな一編。続きを読む

    投稿日:2018.10.21

ブクログレビュー

"powered by"

  • hy343

    hy343

    エルキュール・ポアロシリーズ#3。短編集。

    短編を続けて読んでいると「トリックパターン」が見えてくる(笑)。いわゆる「狂言回し」が必要なんだろうけど、相棒のヘイスティングズ邪魔くさい。

    投稿日:2019.06.25

  • quatorze

    quatorze

    このレビューはネタバレを含みます

    ポアロ&ヘイスティングズの活躍がたっぷり!

    短編集なので、謎があっけないというか、それで解決しているのか、やや唐突に感じるものもある。しかし、ポアロとヘイスティングズのコンビの会話が楽しい。かなりの割合で美人の依頼人が来るのもお約束。国家に関わる重要な話もあり、バラエティパックのように楽しめる。

    「〈西洋の星〉盗難事件」ダイヤモンドが予告上通りに盗まれた。言われてみれば納得の事件。美しい女性に優しく、ややミーハーなヘイスティングズというキャラクターがよく出ている。14編の中でも印象に残ったのをいくつか。

    「百万ドル債券盗難事件」債券が船で運ばれる間に盗まれ売りさばかれた。ポアロの推理に、そんな情報出てなかった、と思うけど、発表当時は常識だったのかもしれない。

    「エジプト墳墓の謎」クリスティー大好きエジプトの話。呪いのようなオカルトをポアロが信じるのかと思いきや。犯人はなんとなくわかる、たぶんポアロがいつもと違う場所で活躍するのを楽しむ旅ミステリ。

    「首相誘拐事件」イギリス首相が行方不明、このままではヨーロッパの危機。こういう設定がイギリスっぽい。それはともかく、ポアロの灰色の脳細胞は、現場に行かなくてもちゃんと事件を解決するという話。行ってしまったけど。

    「ミスタ・ダヴンハイムの失踪」ジャップ警部から聞いた事件を推理するポアロ。このジャップ警部も、ホームズものに出てくるレストレード警部のポジションで、ホームズが好きだというクリスティーを感じる。3人の仲良しな感じがいい。

    「チョコレートの箱」ポアロが過去の失敗を語る。この終わりの、調子に乗ったら「○○」と言ってくれ、というパターン、ホームズにもなかったかな。バークリーの「毒入りチョコレート事件」をも彷彿とさせる。結局、推理というのは、一番もっともらしい推測だということ。この話が一番好き。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.15

  • tom555

    tom555

    このレビューはネタバレを含みます

    ヘイスティングが良いキャラクター!「この人がいない物語はさみしい」というのはわかる気がする。凡人の感覚があるからポアロの灰色の脳細胞が際立つし、イラっとする自慢話にも「まぁまぁ、そうカリカリしないで」と慰められる。12編の短編が収録されているなんて、とってもお得な一冊だった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.04.08

  • さら

    さら

    ポアロ短編集。短編なので、事件がすぐに解決して飽きることなく読めます。名前とキャラクターが覚えられない私にはピッタリかも(笑)。『安アパート事件』が面白かったです。

    投稿日:2017.12.05

  • lilymikkai

    lilymikkai

    初めて読んだアガサ・クリスティ。名探偵ポアロシリーズの短編集。何話か意味がわからないのもあったけど、好きだったのは執事が主人を殺して料理を全部たいらげるけどライス・スフレだけ入らなかったから殺人がバレるやつ。続きを読む

    投稿日:2017.09.22

  • sissy50

    sissy50

    名探偵ポアロシリーズに嵌るきっかけとなった一冊です。
    これを読むまでに長編は何冊か読んでいましたが、そこまで夢中になるというほどではありませんでした。
    でも、この短編ではポアロのキャラクターがとって魅力的に見えて!
    そこからポアロシリーズに一気に引き込まれました。
    長編は謎解きのじっくり楽しめる面白さがありますが、短編は短編で色々な事件を次々と楽しめるし、ちょこちょこっと気軽に読みたい気分の時には重宝するので良いなと思います。
    続きを読む

    投稿日:2017.08.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。