その裁きは死

アンソニー・ホロヴィッツ, 山田蘭 / 創元推理文庫
(58件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
19
23
10
3
0
  • やや前2作より落ちる

    少し読者への目くらましく、多すぎ。
    いつもより時間かかりました。

    投稿日:2020.11.01

ブクログレビュー

"powered by"

  • kemukemu

    kemukemu

    なんだかホーソーンに同情してしまうほど、話の中のホロヴィッツは「出たがり」なんだよね〜
    ワトソンもヘイスティングスも、名探偵の前でここまで謎解きに対抗心を剥き出したら、解雇されてたかも。

    洞窟探検の謎はなんだか「既視感」があるし、オチには?…って感じが…

    でも、全く中だるみせずに最後まで引きつけるのは、やっぱり面白いから。

    前作よりコンビ感は定着してきたし、ホーソーンの謎も少しずつ表れて、シリーズ物らしくなってきた。

    次、大事です♪
    続きを読む

    投稿日:2021.02.16

  • anakenn50

    anakenn50

    アンソニー・ホロヴィッツの作品で、最初に買ったのは、この作品だったのだが、少し読んで、シリーズ二作目と分かり、途中で読むのをやめて、「メインテーマは殺人」を読もうと思ったが、先に7冠の惹句にに惹かれて、「カササギ殺人事件」を読み、それから「メインテーマは殺人」を読み、やっとこれを読み終わった。
    三作も読んで、こう思うのもおかしいが、僕がミステリーからずっと離れていて、感覚がズレているのか、知識が不足しているのか、或いは細かな部分に意識が行っていないのか、真相よりも、語り手のホロヴィッツの現実と虚構をリンクさせて描かれる私生活の方が、面白く読んでいるのだ。
    解説を読むと、相当伏線が張り巡らされているのだが、僕は推理せずに読んでしまったので、面白さが半減してしまったのだろう。
    朦朧して来たのかもしれない。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.13

  • たまもひ

    たまもひ

    前作「メインテーマは殺人」は世評ほど面白いと思えなかったが(ついでに言うなら「カササギ殺人事件」も)、これは楽しんで読めた。シリーズ物として構想されてたのか。

    「メインテーマ」では、作者自身がワトソン役として登場し、現実の出来事が結構語られたり、探偵役の元刑事についての思わせぶりな描写が多かったりするのだが、これが謎解きとは無関係だというのにどうにも違和感があった。本書のあとがきを読むと、ホーソーンシリーズとして10作が予定されているそうで、なるほど、それなら「メインテーマ」はその滑り出しだったのかと納得した。

    ラストまで読んでから振り返ると、これは実によくできているなあと感嘆。すべての手がかりは提示されているし、ミスリードの仕方も強引さがない。ミステリランキングを席巻したのも当然かと今頃感じ入りました。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.12

  • 阿羅漢

    阿羅漢

    ホーソーン&ホロヴッツシリーズの二作目。
    これはもう間違いなく21世紀のホームズ&ワトソン。
    最初の事件の周囲で複雑に絡まり合う登場人物達のエピソード。誰にも動機を見いだせるが、殺人に至る根拠がいささか弱い。
    数々のヒントから何を残し、何を捨てるのか。
    ホロヴッツと同じように、私もホーソーンの鼻をあかしてやりたくて推理に躍起になったけど、またしてもやられたー。
    テンポよく進む捜査の描写に時折挟み込まれるユーモア。そして謎多きホーソーンの魅力。
    今作ももうツンツンツンデレなホーソーンに、なにーっ!って3回くらい本をバタッと閉じて息を整えました。
    これは自作が楽しみすぎる!!
    続きを読む

    投稿日:2021.02.11

  • かぼす

    かぼす

    このレビューはネタバレを含みます

    作家さん、犯罪者にされてたと思うんだけど。
    その後、どうなったのか…
    ハッカーの少年は、責められないのか…
    ホーソーンについての謎がモヤモヤする…
    まだまだ続く…とは。
    バレた裏収入…
    結局、相続は変わらないのか…彼氏ラッキー♪

    多勢の登場人物が、なんやかんや言ってて、読むのに混乱した…そのわりに、意外とシンプルな種明かし。
    動機が理解できない。ちょっと無理があるような…

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.10

  • エータキ

    エータキ

    このレビューはネタバレを含みます

    犯人はなんとなくこの人かなと思っていてそれは当たったけど、トリックは一切わからなかった。
    話は二転三転してめちゃくや揺さぶられる。
    でも最後まで読むといろいろと繋がってきてスッキリする。この読後感が最高。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.07

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。