町田くんの世界 3

安藤ゆき / 別冊マーガレット
(16件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
7
6
1
0
0
  • 町田くんに欠点はあるのだろうか?

    新巻通知後、即購入。
    1、2巻でたっぷり描かれた町田くんの魅力をふまえ、
    3巻では町田くんが周りの人に与える影響が描かれています。
    どちらかというと各話の主人公は町田くん以外の人(他人)で、
    その人が町田くんに接したときどんな気持ちになるか、に重点がおかれています。
    いや~こんな人が近くにいて、毎日癒されたいです★
    続きを読む

    投稿日:2016.06.25

ブクログレビュー

"powered by"

  • mayugeco

    mayugeco

    町田くんが優しいから町田くんに周りにいる人たちも優しい。町田くんのような人はそういない。できるようでできない。でも周りをよく見れば、周りを愛せば徐々にできてくるんだろうか。周りの幸せを自分の喜びとすれば。それが難しいって。続きを読む

    投稿日:2021.01.18

  • bukkubuku2

    bukkubuku2

    このレビューはネタバレを含みます

    ・距離感がつかめない町田くん

    ・町田くんの弟の友達サイドから町田くん

    ・町田くんの全然知らない人サイドからの町田くん

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.02

  • naaaaatsuk1

    naaaaatsuk1

    このレビューはネタバレを含みます

    1.2巻とは少し視点が違うような。最初のものもらいのやつは、町田チルドレンを量産していく話だよね。両眼をしっかり開けて微笑んでる町田くん、初めていいじゃん(見た目)と思った。2話目はミツオとその同級生の桐谷くんの話。なんかホッコリ。ミツオすごいいい子だ。まっすぐ育ってる。町田くんの出番はすごく少ないけど。桐谷くんがミツオと仲良くなれたらいいなぁと思ってしまった。3話目はどこのカップル?って感じだったけど、町田くんは直接関わってない人にまでカッコいいと思われてしまうんだね。猪原さんなんで泣いてたんだろう。巻末には読みきりが。家出してきた男の子と冴えない女の子の話。不覚にもキュンとしてしまった。勝手に町田くんの世界を読んでて、キュンキュンするような恋愛ものは描かない作者さんなんだと思い込んでた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.06.22

  • ナオコ

    ナオコ

    気弱な弟ミツオの同級生・桐谷くんいいキャラだ!
    ミツオと親友になるといいなぁ!

    しかし3巻は町田くんの登場率が少ない~。
    でも間接的にも人を優しい気持ちにさせる町田くんさすが!

    投稿日:2017.03.20

  • R

    R

    3巻も心温まる感じで良かった。町田くんのクラスメイトの女の子(名前覚えられない)に対する思いの変化がいい。この先、博愛ではなく、ただ1人に向ける特別な感情を彼がどう処理していくのか楽しみ。

    投稿日:2016.12.07

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    もう、何なんでしょうね、返しがたっぷりと付けられた槍が、防壁を呆気なくブチ破って、心に突き刺さる感じぁ
    読み終わった後に、こうもダメージを負う少女漫画は、それこそ、『ハチミツとクローバー』以来ですね
    当分、死ぬ気も殺される気もないんですが、億が一に漫画を読み終わった瞬間に死んでしまうとして、その時に読んでいた漫画が、この『町田くんの世界』なら、まだ、心残りを持たずに逝ける気がします。まぁ、もちろん、ifの話で、『ONE PIECE』、『七つの大罪』、『双亡亭壊すべし』の最終回も読んでないのに、ぽっくり死ぬわけにはいきませんが。自分の目と指で漫画を読めるうちは死なない、根拠のない自信を持ってこその漫画読みでしょう
    何故、毎度、凹むのを承知で、私は『町田くんの世界』を読むのか、答えは凹むためです
    自分が、どれだけ汚れているか、を自覚するには、この『町田くんの世界』は持ってこいなんですよ。実際、私だけじゃないでしょう、主人公の町田くんの心の無垢さにダメージを負って、己を省みて、余計に落ち込んでいるのは
    どうして、好き好んで、自分の汚さに絶望するような真似をするんだ、と不思議がる人もいるでしょう
    これまでのレビューを読んで、私のことを分析している人がいたなら察しが付くと思うが、私はついつい、調子に乗りすぎるトコがあります。ちょっと仕事がトントン拍子に巧く進んだことで鼻が高くなり、いざって時にドジりかけ、冷や汗をかいた事は一度や二度じゃありません
    自制と自戒を促せるだけの克己心が身に備わっていれば問題ないのだが、なかなかに身に付きません。そこで、私は漫画の力を借りているんです
    安藤先生に知られたら、ショックを受けられる事は確実でしょうねぇ
    あくまで、これは私個人の印象ですが、『町田くんの世界』の面白さの本質に近づけるのは、毎日のストレスで心がいくらかやさぐれちゃっている人間のような気がします
    ぶっちゃけた話、町田くんみたいにピュアな心の持ち主じゃ、この現代世界、キツいでしょう、生きていくのは。綺麗な分、負う傷も深くなり、三日ほど自我を守れたら大したものですよ
    かといって、マンガだから、事が巧く進んで、ピュアなままでいられる、と安易に纏めてしまうのも惜しい気がします
    きっと、安藤先生は根っからのイイ人なんじゃなくて、先生本人が町田くんみたいになりたいからこそ、この漫画を描き続けているんじゃないかな、と想像しながら読んでいます
    同時収録されている『愛ある生活』にも、安藤先生らしさ、いわば、安藤イズムがほんのりと光っているようです
    『町田くんの世界』には、ちょっと少ないラブコメ要素を盛り込みつつも、話の主軸は、温かみのある人間性です
    安藤先生にも、丁度いい執筆ペースがあるのは、ファンとして千も承知だけど、また、読み切り集を世に出してほしいもんです
    オススメの話は、やはり、町田くんの不器用なウィンクの破壊力がデカすぎな、第9話「世界は美しい」です。世界の美しいトコから、目を逸らさずに視るって、ある意味、得難い才能ですよねぇ
    この台詞を引用に選んだのは、安藤イズムが濃厚だからですね。自分の生き方を計るモノサシを持っておく事が男には重要。けれど、そのモノサシは自分の価値を計る為だけに使わねばならない。他人の生き方を計ってしまうと、自分も相手も傷つけてしまうんだから。自分とは違うモノサシを他人が持っていて当たり前、モノサシは自分の中にも、他人の中にも、そして、世界の中にも何百本とある、と思えるようになった時、長い人生を歩いていくのに必要な杖ともなるモノサシは長く、丈夫になるんでしょう
    続きを読む

    投稿日:2016.08.27

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。