合本 坂の上の雲【文春e-Books】

司馬遼太郎 / 文春e-Books
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0
  • 坂ノ上の雲ミュージアム

    松山市に安藤忠雄が建築した「坂ノ上の雲ミュージアム」があります。もし愛媛に旅行されるなら、是非本作を読んでから。
    きっと「歴史」というものに触れることができます。

    投稿日:2016.01.01

  • 司馬史観の経典

    数ある時代小説作家の中でも司馬遼太郎を特異たらしめているもの、それが本作ではないでしょうか。

    俗に「司馬史観」というものの、「池波史観」、「鳥羽史観」などとは言いません。ただ司馬遼太郎のみ、その名においし歴史観が人口に膾炙しています。戦前の軍国主義を「鬼胎」とし、明治の近代化と峻別する彼の歴史観は、単なる時代小説というには良くも悪くも「思想」的でありすぎました。大衆的な劇作家出身で分かり易いエンターテイメントに徹した池波正太郎とはそこが大きな違いでしょう。

    にもかかわらず本作は単純なエンターテイメントとしても完成度が高く、支持者というか信者が出てくるのも仕方のないことかもしれません。ただ本作に見る「司馬史観」は、著者の追随者たちの「司馬史観」ほど単純ではありません。そこには問題点や反省すべき点があり、限界や制約として同情すべき理由もあり、決して手放しの礼賛はしていません。司馬史観に対する姿勢は人それぞれでしょうが、一読してから態度を決しても遅くはないはずです。ぜひ一度手に取ってみて下さい。


    続きを読む

    投稿日:2016.01.06

  • 小説としても面白い。ビジネス本としてもお薦め!!

    まず、第一に司馬遼太郎さんが小説を書くための調査力に脱帽しました。
    全ての史実が複数の引用書から説明されており、説得力のある大変素晴らしい歴史小説でした。

    また、この小説を通して、
    政治家にしても軍人にしても、
    日本の為に皆が必死で努力し、
    日本を守る事を考えている姿に
    明治時代の国としての若々しさを感じました。

    特に、東郷平八郎しかり、児玉源太郎しかり小異を気にせず大局感で俯瞰的に物事を見る姿にリーダーとしてのあるべき姿を垣間見る事が出来ます。

    各界のリーダーが推奨する本であることも頷けます。
    ビジネス本としてもお薦めします。

    ただ、当然ながら、
    戦争は美化されるものではありません。
    戦争の悲惨さもしっかり感じられます。

    「人間にとって、本来、
    国家もしくはその類似機関から
    義務付けられる事なしに武器をとって
    殺し合うことはむいていないことを
    証拠立てるものだろう(5巻 301)」
    「戦争というのは済んでしまえば
    つまらないものだ。
    軍人はそのつまらなさに堪えなければ
    ならない(8巻 278)
    (by第一軍司令官黒木為もと)」

    戦争は誰も幸せにならない・・・・
    人間は、元来武器をとって殺し会うことが苦手・・・

    戦争によって幸せになることはないです。
    これから未来に向けて、武力にたよらない世界を望みます
    続きを読む

    投稿日:2017.06.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。