煙突の上にハイヒール

小川一水 / 光文社文庫
(31件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
4
15
8
0
0
  • ライトに読めるSF短編

    近未来もの2話、ロボットもの2話、パンデミックもの1話の合計5話。「カムキャット~」は今の技術でもまんまいける話で一番面白かった。「俺たち~」は、山本弘の「アイの物語」にも通じる世界。最後の「白鳥熱~」は、作者の他のシリーズと同じパンデミックもので、視点が生き残ってしまった人々側から描かれている。SF色は薄いのでさくっと読めます。続きを読む

    投稿日:2017.03.10

ブクログレビュー

"powered by"

  • ねね

    ねね

    小川氏と言えばSF。

    今回は身近にありそうなSFの短編で、いろいろ興味深かった。
    小型の背負って飛べる飛行機や、ロボットなど、
    本当に近い未来に実現しそうな話でワクワク。
    どんな未来になるのか、考えるだけで楽しい気持ちにさせてくれます。

    そんな気分でいたところに最後の短編は
    重たいテーマで隕石が落ちてきたよう感じなんですが、
    でも、一番最後のウイルス感染の話がリアリティある。
    というか、本当に起きるんでないかい?

    いろんな未来を考えておくって、必要なことなのかもしれない。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.06

  • mone

    mone

    設定が近未来ではあるものの、SF色は強くなく、むしろ人間味を際立たせるための一要素になっています。でもその匙加減が絶妙。こういった感じのSF小説はいいですね。『天冥の標』シリーズを手に取るのは躊躇しますが、この人の他の作品も読んでみたいです。続きを読む

    投稿日:2015.02.05

  • sioou0107

    sioou0107

    SF短編集。Twitterでフォローしてる方がゲキ推ししていたので、物は試しと春先に購入。長い間、積み本にしていたが、読むペースが極端に遅い自分が5日程で読み終わってしまいました。近未来+人間味+秘密+読みやすさ こんなに完璧な短編集はあるでしょうか。ワクワクが止まらない一冊。作者の他の著書も早く読みたいです。続きを読む

    投稿日:2015.01.06

  • あ

    このレビューはネタバレを含みます

    「煙突の上にハイヒール」
    「カムキャット・アドベンチャー」
    「イブのオープン・カフェ」
    「おれたちのピュグマリオン」★★★
    「白鳥熱の朝に」

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.11.05

  • とし長

    とし長

     近未来を舞台にした作品5編収録のSF短編集。

     近未来といっても10年、20年先というわけではなく、場合によっては数年先にはこうなっているのではないか、という作品ばかりです。

     そのためか出てくる登場人物たちも身近に感じられるキャラが多いです。表題作の「煙突の上にハイヒール」は結婚詐欺師に騙されかけたOLさんが主人公。
    「カムキャットアドベンチャー」では近所の猫に餌をやる男子大学生、「イブのオープンカフェ」では彼氏と別れたばかりの女性が主人公です。

     SFのイメージで強いのは宇宙人、宇宙開発、アンドロイド、科学による人間の変容などなのですが、この短編集はそうした大げさなものでなく、
    普通の人たちが、ほんの数年先の未来で実現されていそうな技術に触れることで、少しいい風に自分の世界を変えていくのです。

     その短編集全体につらぬかれたテーマは、最終話「白鳥熱の朝に」でも変わりません。この短編の舞台はパンデミックによって多くの日本人が死んだあとの日本が舞台です。

     そんな厳しい現実に登場人物たちは置かれながらも、それでも彼らは前を向いて歩き続けます。

     小川さんはたとえどんな未来が訪れても、それでも人間は前を向き進み続けられる、というメッセージを作品に込めているのではないでしょうか。
     
     だからこの短編集の中で少し異質の「白鳥熱の朝に」も含めたどの短編にも、ほんの少し先の未来への希望と、人間への温かな視点を感じながら読むことができました。 
    続きを読む

    投稿日:2014.10.03

  • Bookrium

    Bookrium

    近未来の社会が舞台で個人飛行用プロペラやロボットが登場するのですが、SFという言葉を使ってしまうには良い意味で現実味があり過ぎる。
    テクノロジーが生活の中に自然に溶け込んでいるからか、登場人物が素敵だからか。
    いずれにせよ、他に類のない魅力的な作風です。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。