変態王子と笑わない猫。6

さがら総, カントク / MF文庫J
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0
  • 修学旅行の話です

    長く積ん読していたのを読んでみました

    ビックリした事に、かなり出来が良かったです。まず、小豆梓はとても可愛い。とても純粋ですな。そして、月子は修学旅行に無理矢理付いてくるという荒技に出ました。いやあ、こんな子だったとは。ちょっと印象変わりましたね。でも、ただ良い子だった以前より、生き生きしています。見つからないようにするドタバタが面白いですね

    本巻のメインは副部長と主人公が向き合う所なんですが、ま、こっちは普通かな。

    クライマックスでは入れ代わりコメディになるんですが、二重三重に工夫してあって感心しました。

    ラストシーンは一応主人公が自らを犠牲にして頑張ったんですが、感心はしたけど、感動はしませんでした。たぶん、作者の文体が独りよがりなせい(ずっとそうですが)だとおもいます。それにしても、月子はかなり強い衝撃だったでしょう。次の巻でどうなるかが楽しみですね

    実は、文体やキャラクターの不自然さが強いのと、後付で色々な設定が違和感があるので、本シリーズは本巻で読むのを止めようと思っていたのですが、本書では、ヒロイン達がとても魅力的で、ストーリーも工夫があってとても良かった。もう一巻だけよんでみるかな
    続きを読む

    投稿日:2014.06.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。