砕け散るところを見せてあげる

竹宮ゆゆこ / 新潮文庫nex
(120件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
10
28
44
16
3
  • 突っ走った先には……

    いじめられている高1女子と、それを助ける高3男子の話。設定的にはそれほど新鮮味は感じないけれど、キャラの強さで一気に物語に引き込まれます。ヒロインも強烈ですが、個人的には主人公(高3男子のほう)の熱さにやられました。恥ずかしいほど真っすぐで、いい意味で青臭くて……身近に1人いてほしいタイプです。
    主人公がそんなキャラだからか、ストーリー的にも突っ走るような勢いを感じました。これぞ青春!と喜んで読み進めていたら、途中から「あれ?」という展開に。予想してたのと違うな、と思うと同時に、見え見えの伏線に少々がっかりしました。
    なのになぜ★5かというと、それからラストまでで見事に評価が覆ったからです。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、途中でがっかりしていた自分のほうが馬鹿っぽい……。
    綺麗なばかりではないこの世界で、それでも綺麗なものがあると信じ続ける主人公たち。きらきらとまぶしいその姿が、心に刺さりました。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • shushu

    shushu

    大学受験を控えた高3の冬
    偶然目撃した「イジメ」の現場から
    すべては始まった。

    18歳と16歳の悲しくも純粋な恋
    そしてヒーローになる。

    UFOの存在があまりにも哀しい

    投稿日:2020.03.13

  • robin1101

    robin1101

    映画化されるということで購入。

    読み終わった直後は、頭の中の情報が整理できませんでした。一度読んだだけでは理解できないので、読めば読むほど、発見が増し理解度が増します。

    最初はラノベのような雰囲気を醸し出していて、青春小説や恋愛小説なのかなと思っていましたが、後半になると、急な展開に。今までの色彩が、ガラリと変わったので、驚きました。
    また、小説ならではの使い方で、読み手を惑わさせるので、整理しきれませんでした。思わず、ネタバレのサイトを見て、答え合わせをしてしまいました。
    途中、同じ文章が2回登場するのですが、それが最後の一文とリンクすると、ジワッと温かみがきました。今までドライだった気持ちだった分、ウェットな気持ちにさせてくれました。
    全体的にイジメを取り扱っていて、行為自体は酷いものばかりで重いのですが、文章の表現がマイルドにさせてくれるので、そんなに重くはありませんでした。
    冷酷な内容だけれども、登場人物たちの友情が際立つことで、希望の灯が灯されたような救いのある話に仕上がっていて、良かったです。だけでなく、さらに掘り下げると、文章の使い方が工夫されていて、面白かったです。

    映画化されるということで、キャストを見ると、堤真一さんが多分、ヒロインの父親役かと思います。詳細は書けませんが、想像すると…。楽しみです。なかなか、小説ならではの使い方が発揮されないと思いますが、映画ならではの使い方を期待します。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.12

  • ブクログスタッフ

    ブクログスタッフ

    はやドキで注目!
    大学受験を控えた清澄は一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。だが、彼を待っていたのはー。

    投稿日:2020.03.12

  • かのん

    かのん

    「私たちの田村くん」「とらドラ!」の作者の作品。
    電波系?少女と正義感の強い主人公が心通わせる流れは定番だけど良かった。
    ただ普段叙述トリックは好きなのにこれは何故か釈然としなかった。構成に力を入れすぎて後半パートが頭に入ってこなかったためか。この構成じゃなくても良かったのにと思ってしまった。続きを読む

    投稿日:2020.03.06

  • 卯月さくら

    卯月さくら

    このレビューはネタバレを含みます

    高校3年生の濱田貴澄がある日いじめられているのを目撃する。貴澄は1年生の倉本玻璃を助けようとするが、悲鳴をあげられ逃げられてしまう。しかし貴澄は諦めずに毎日毎日、玻璃を助けようとする。ある日、玻璃がトイレに閉じ込められていることを知り、助けに行く。誤解をしていた貴澄は玻璃の人間性を知ることになる。玻璃と仲良くなっていく中で、謎の父親の存在が出てくる。玻璃の父は玻璃の母と祖母を殺し、秘密を知られた貴澄とその母を殺そうとする。しかし、ギリギリのところで血まみれの玻璃が起き上がり、自分の父親を殺してしまう。

    はじめは単なるイジメについての小説かと思っていたが、全然違うくて、とてもおもしろいと思った。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.10

  • しょー

    しょー

    引き込まれる!!!登場人物がいつもみんな素敵で!!のんっまに綺麗なお話!!
    清澄素敵すぎる!!玻璃ちゃん素敵すぎる!尾崎妹尾崎姉、たまたま田丸もみんな好き!!
    こんな、ハッピーエンドもあるんやな…
    も、ヒーローになりたい!!続きを読む

    投稿日:2019.12.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。