THE ROSWELL 封印された異星人の遺言 下

ボイド・モリソン / 竹書房文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
2
0
0
0
0
  • 宇宙人とロズウェル事件の謎にタイラーが迫るシリーズ第三弾の下巻!

    ボイド・モリソンによるタイラー・ロックシリーズ第三弾の下巻。
    タイラーたちがロシア人工作員コルチェフと破壊兵器及びその起爆装置の奪い合いを演じながら、いよいよロズウェル事件の真相に迫っていく。
    ニュージーランドから始まった物語はオーストラリア中部のアリススプリングス近郊、イースター島をへてナスカの地上絵のあるペルーとつながり、いよいよその決着がつく。
    タイラーとジェシカがある程度そんな仲になるのかも、という予想はついたが、モーガンとグラントがまさかの!という展開もあり、アクションや謎解き以外にも楽しめる要素がある。
    タイラーやグラントがあんまりなスーパーマンぶりを披露して都合よく物語が展開するのはいつもの通りだが、それが気にならないほど次から次に畳み掛ける出来事に読む手が止まらなくなる。
    宇宙人やロズウェル事件にも作者なりの、納得のいく解釈が与えられており、ただのトンデモストーリーに陥ることもなく安心できる。むしろ、邦題の「封印された異星人の遺言」というタイトルがそもそも怪しすぎて、本作のおもしろさを減じてしまっていないかという気にさせる。
    続きを読む

    投稿日:2015.10.16

ブクログレビュー

"powered by"

  • r1tchie

    r1tchie

    このレビューはネタバレを含みます

    ボイド・モリソンによるタイラー・ロックシリーズ第三弾の下巻。
    タイラーたちがロシア人工作員コルチェフと破壊兵器及びその起爆装置の奪い合いを演じながら、いよいよロズウェル事件の真相に迫っていく。
    ニュージーランドから始まった物語はオーストラリア中部のアリススプリングス近郊、イースター島をへてナスカの地上絵のあるペルーとつながり、いよいよその決着がつく。
    タイラーとジェシカがある程度そんな仲になるのかも、という予想はついたが、モーガンとグラントがまさかの!という展開もあり、アクションや謎解き以外にも楽しめる要素がある。
    タイラーやグラントがあんまりなスーパーマンぶりを披露して都合よく物語が展開するのはいつもの通りだが、それが気にならないほど次から次に畳み掛ける出来事に読む手が止まらなくなる。
    宇宙人やロズウェル事件にも作者なりの、納得のいく解釈が与えられており、ただのトンデモストーリーに陥ることもなく安心できる。むしろ、邦題の「封印された異星人の遺言」というタイトルがそもそも怪しすぎて、本作のおもしろさを減じてしまっていないかという気にさせる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.10.16

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。