常識を疑うことから始めよう

ひすいこたろう, 石井しおり / サンクチュアリ出版
(34件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
14
8
7
2
0
  • ものの見方を変えるのは難しいけど

    大人になると常識やルールで柔軟な発想は難しくなります。まじめな日本人は特にそう。
    個人的にも毎日の生活に何ら不満はないが、何となく最近閉塞感を感じてました。その原因が分からずに・・・。

    本書は世間の常識やセオリーに囚われずに行動した人たちが残した24の名言とそれに関するエピソードが収録されてます。
    偉人たちだけでなく、普通の人たちのしかも最近のものもありますので、割としっくりと入ってきました。

    常識はあくまで他人が考えたもの。ほとんどの人は、それらが自分の幸せに直結するものではないと頭で分かっていても絡め取られてしまっている・・・。
    気づきだけではなく行動が重要だと、読後に強く感じました。
    続きを読む

    投稿日:2015.01.03

ブクログレビュー

"powered by"

  • プペル

    プペル

    面白くて読みやすい本でした。
    覚えておきたい名言ばかりで、自分に余裕がない時に、また読みたい1冊です。

    投稿日:2022.01.26

  • ざどだぞ

    ざどだぞ

    いつもながら、良い言葉がたくさんの自己啓発本

    それぞれのエピソードも凄いけど、
    またそれをよく集めてるのも凄い。

    投稿日:2021.02.01

  • sukima123

    sukima123

    とても読みやすくていい本でした。
    ビジネス系や自己啓発系の本が読みづらい人にはオススメです。

    主に考え方を変えるキッカケになります。
    忘れていたことが思い出し、また「あ〜、とらわれているな」と感じることが多かった一冊です。

    人によっては人生が変わる本になると思います。


    素敵な本出会えて感謝します。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.11

  • maple

    maple

    ちょっとメンタル的に一息つきたいときに読む一冊。
    まぁ、なるようになるので、まずは感じて考えて自分の人生を歩みたい。

    投稿日:2019.06.12

  • nikatoma

    nikatoma

    常識の枠を超えて、今の自分について、少し離れたところから考えてみられる本。

    この本から得たびっくりするような情報を元に、さらに本を読んだり、行動したりすると、いいと思う。

    例えば、「報告禁止の会社」(未来工業)

    例えば、アドラーの処方箋。
    「どうしたら、他人を喜ばすことができるか、ということを毎日考えてみること」

    例えば、正観さんのアドバイス。

    大切なのは、たったひとりを味方にすること。
    そのたったひとりとは、自分です。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.02

  • fujiit0202

    fujiit0202

    昔、仕事をしている中で、
    ”そんなことはあたりまえです”と説明したときに
    ”あたりまえ”って何ですか? と聞かれたことがあります。

    ”あたりまえ”と言うのは
    誰かの一般的な意見であり、
    ほんとうにその場に適応するものかどうか
    よく考えてみる必要があるかもしれません。

    ”あたりまえ”と言ってしまった時点で
    思考が狭くなっています。


    本日ご紹介する本は、
    常識に縛られ思考が狭くなっていることを
    わかりやすく説明した1冊。

    ポイントは
    「一歩引く」

    誰でも、仕事や問題に
    どっぷりつかってしまうと、
    周りが見えなくなるもの。

    集中して進めたい場合は
    あえてどっぷりつかる方がいいですが、
    指針を決めたり、状況を確認するときは
    一歩引いて見ることが重要です。

    そして、できるかぎり偏見を取り除いて
    いろいろな可能性を広く考えることが大切ですね。


    「集客」
    売り上げが足りないとき
    できるだけお客様を集めようとしてしまいます。

    しかし、お客様が来ても満足できなければ
    すぐにお客様は来なくなります。

    売り上げが足りないときは、
    来たお客様にいかに喜んでもらうかを考えることが先決です。


    「味方」
    うまくいかないとき、
    うまくいく方法を探したり、
    味方になってくれる人を探すものです。

    しかし、まず自分がその仕事に興味を持つことが先決。

    その仕事に興味を持てないと、
    いい方法や協力者がいてもうまくいきません。

    自分が興味を持って、まず自分を味方にしましょう。

    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    気付いたら「それ、ほんと?」と疑ってみましょう
    アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何物でもない
    どうやったらたくさんお客がくるかは考えない。来たお客にいかに喜んでもらうかを考える
    商品のアイデアを探すのは難しい。お客さんの満足度を高める確実なヒントはクレーム
    思いやるとは、相手のちょっとした喜びを生み出すためにひと手間かけること
    能力、才能、経験がない。そこから1mmずつ成長していく姿こそ人は見たい
    どうしたら他人を喜ばすことができるか、を毎日考えてみること
    本気でやっていれば、まわりの人が、あなたが行くべき場所にちゃんと連れて行ってくれるもの
    自分を味方につけると「努力」の世界から、「趣味」の世界へ移行できる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    まえがき
    「YESはNO! 」………常識は非常識!? 思い込みをほどくコトバ
    最悪の家族旅行……自由な発想をするあの人は才能があるからと思っているあなたへ
    報告禁止の会社……常識外れなやり方はうまくいかないと思っているあなたへ
    常識の枠の外へあっさり出る方法……新しいことを生み出すのは難しいと思っているあなたへ
    入り口のない居酒屋……失敗が怖くて無難な選択をしてしまうあなたへ
    悪口言って百万円……面倒なことには向き合いたくないあなたへ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    続きを読む

    投稿日:2017.05.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。