ダーティペアの大冒険

高千穂 遙 / ハヤカワ文庫JA
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
4
3
1
0
  • 高校時代に夢中で読んだなー

    wwwa(プロレスとちゃいますよ)のビューティーペアならぬダーティーペア。キャラクターデザイン変えてサンライズでアニメ化もされてましたねー。島津冴子さんががんばってたっけ。クラッシャージョーとセットで読むとグッド。小さな事件も大事になるのがダーティーペアのいいところ。頭空っぽにして楽しみましょう。続きを読む

    投稿日:2016.10.28

  • 言わずと知れたダーティペアの原作

    ケイとユリの活躍が読みたくなったので購入しました。原作は不可抗力で悪名がどんどん積み重なっていくんだよね・・・不憫。で、最期の一行で何万人死んだとか住めなくなったとか。この二人が駆り出されると、解決不能で大災害確実なので嫌だという点は判るが、主任が冷た過ぎ・・・。電子版は挿絵が無いので残念。安彦さんの挿絵見たかった・・・。文庫本の挿絵あり作品と比較すると、早川書房や講談社の電子版はほぼ挿絵をカットした残念な仕様になっていますね。続きを読む

    投稿日:2015.12.02

ブクログレビュー

"powered by"

  • MIN

    MIN

    若い頃はこの勢いが楽しくて、すごく面白く読めた気がします。が、20数年経った今では逆に勢いだけみたいな気になってしまいました。これが年を取るってことか…。とりあえず、文章は読みやすいので非常にスピーディに読めて、それなりに楽しくはあったのですが、内容があまり残りませんでした。ただ、ダーティペアの名に恥じない傍若無人っぷりではありました。続きを読む

    投稿日:2018.06.02

  • ねえな

    ねえな

    ビーグル号を読んだらムギちゃんも恋しくなってしまった。
    最近のラノベと呼ばれるやつで女の子がきゃぴきゃぴするのは苦手だなーなんて感じていたけど、70年代からアルフィンやユリ&ケイのコンビはあによぉーっ!ってやってたわね。
    自分がババァになってただけだった。(;´д`)
    続きを読む

    投稿日:2017.08.24

  • エプロンパパ

    エプロンパパ

    ダーティーペアことラブリーエンジェルことユリ&ケイのお出ましだ、さあどいたどいた!というわけでダーティーペアシリーズの第一巻を読了。お気楽なスペースオペラだが、数百万人単位で人が死んじゃうスケールにあきれる。安彦良和の挿絵が最高!続きを読む

    投稿日:2016.12.27

  • 北村夏葉

    北村夏葉

    中学生で出逢った。
    ちなみにあたしが持ってるのは、初版のほうだよ。
    この表紙じゃなくて原画のほうだよ、ドヤ。

    投稿日:2015.03.15

  • さわだ。

    さわだ。

    WWWA(世界福祉事業協会)の犯罪トラブル・コンサルタント、ユリとケイはその仕事ぶりから「ダーティペア」と呼ばれているうら若き乙女のコンビ。惑星ダングルのグラバース重工業の爆発炎上事件の再調査の依頼に送りこまれたダーティペアだったが。超ベストセラー・シリーズ続きを読む

    投稿日:2014.10.11

  • より

    より

    私が子供の頃アニメやってたなあ。その頃小説が原作、と言うのは知っていたのですが初めて読みました。
    今でいうとラノベ、と言うのでしょうか。
    色々とツッコミを入れたくはなりますがノリと勢いは凄いですね
    痛快娯楽作品、ですね。

    ★は好みだと思うので。語り口が気になったので評価はこの辺りで。
    続きを読む

    投稿日:2011.08.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。