死者のあやまち

アガサ・クリスティー, 田村隆一 / クリスティー文庫
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
5
10
4
1
0
  • 犯人の動機が上手く隠されている!

    有名な作品ではありませんが、読んでみるとけっこう面白い作品でした。
    まず犯人やその動機が上手く隠されており、それを示唆する部分はいろいろあるのに自分は全く気づきませんでした。それでいて最後に説明をされると納得できるところが多く非常に満足できました。
    また、物語自体もユーモラスなところもあり、そこもよかったです。
    ぜひ読んでみて下さい。
    続きを読む

    投稿日:2015.02.05

ブクログレビュー

"powered by"

  • hy343

    hy343

    このレビューはネタバレを含みます

    エルキュール・ポアロシリーズ#30。

    後で知るとタイトル(原題)の中に既に核心が含まれていて、ヤラレタ!って感じ。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.24

  • yookanae3

    yookanae3

    平成最後の正月に読了。

    ポアロににいつもの”冴え”が無いように感じ、冒頭のオリヴァ夫人の登場や事件が起こる前のワクワク感?を過ぎたあたりから正直面白く感じられなかった。

    ただ!残り10パーセント位で、、怒涛のようにバラバラに見えた伏線が活き始め、形を成し、パズルがガチッとハマって1つの画が現れるのは凄いとしか言いようが無い。
    それまで警察とほぼ並行してた(ように見えた)ポアロが一気に解決に向かって動く様は見事!
    素晴らしかった。

    今回の主役とも言えるフォリアット夫人の苦悩に心が痛んだ。
    毎回思うけど、アガサクリスティーは事件を描いてるというより、人の内面を描いているのだと思う。ポアロが、彼女の分身と言われるオリヴァ夫人のことを、人の性格を一目で正確に言い当てることができる、と評しているのも面白い。

    しかし、阿房宮という意味も初めて知ったし、過ち、という英語との二重の意味合いも言われないと気付けないのは言語が違う限界か、、
    続きを読む

    投稿日:2019.01.04

  • tanaka9876

    tanaka9876

    どうも登場人物が把握しきれないうちに事件が起こり、よくわからないうちに終わってしまった。なんとか解決部分から事件部分は理解できたような気がした。さて、最後の画面から次はどうなるのだろうか。犯人の自殺とかで終わりそうにはないような気がするが。続きを読む

    投稿日:2018.10.20

  • denmame

    denmame

    ポワロシリーズ。ミステリー作家オリヴァー夫人のお願いで行った先での殺人事件。オリヴァー夫人のシナリオどおりお祭りが繰り広げられている間に、本当の殺人事件が起きる。複雑なストーリーである。ゆっくり時間をかけて読んだら★5だったかもしれない。続きを読む

    投稿日:2017.10.23

  • アヴォカド

    アヴォカド

    最初、マダムのお気楽探偵物?!と思いきや、さにあらず。
    1/3を過ぎたあたりからシリアス度が増していき、ラストは哀愁すらも。。。

    読了してから冒頭を読み返すと、ムムそこから振ってきますかーと思わず唸る。続きを読む

    投稿日:2017.04.21

  • genshisyounen

    genshisyounen

    田舎屋敷の園遊会で、おなじみの女性作家オリヴァが企画した犯人探しゲームで実際に起きる殺人事件。冒頭の事件のエピソードから興味深く、いかにも怪しげな人物配置、捜査の課程で判明していく様々な謎や人物間の心理的な関係など、とても引き込まれる内容の作品。
    ポアロが事件を防止することができず、真相もなかなか見通せずに、ジグソーパズルに興じながら、焦燥に駆られる場面が印象的だ。
    複雑でひねりのある真相。オリヴァの企画した犯人探しゲームの中に真相が暗示されているのが何とも面白い。数々の「なぜ?」に答える真相だが、素直には納得しがたい。真相説明で過去のある出来事が明らかになるのだが、そんなことが実際に起こりうるのかと疑問に感じてしまう。また、ハティの失踪に関する真相だが、読者のための演出にすぎず、こんな面倒くさいことをわざわざする必要があるとは到底思えない。
    物語としては4点、真相は2点というところか。
    続きを読む

    投稿日:2016.07.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。