お~い!竜馬(1)

武田鉄矢, 小山ゆう / ヤングサンデー
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
10
1
1
0
0
  • お~い!竜馬

    一気に全巻読みました。がんばれ元気やあずみで有名な小山ゆうさんが描く強烈な登場人物の個性にはひきつけられました。幕末から明治にかけて怒涛の歴史が動き出す中での竜馬を中心とした青春群像劇に必見ですね。

    投稿日:2013.09.25

  • 武田鉄矢のマニアっぷりが存分に生きた傑作

    司馬遼太郎氏の『竜馬がゆく』の影響で生粋の坂本竜馬オタクとなった武田鉄矢氏による原作、小山ゆう氏作画による坂本竜馬伝。『竜馬がゆく』で描かれなかった、幼少時のことから描くことと、史実とフィクションのギリギリラインを描くこととを考えてスタートしたのだそう。このマンガを引っ張るのは、小説よりも明確にされた強力なキャラクター設定。竜馬の天パしかり、西郷隆盛の極太眉毛しかり、性格と外見との関係性が見事に演出として生きています。一気読み確実な激動明治のかっこいい男たち。ちなみに、金八先生の苗字“坂本”は、もちろん坂本竜馬からきていますよ。(スタッフI)続きを読む

    投稿日:2013.09.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • 心汰

    心汰

    徹夜で読み明かした懐かしい漫画です。竜馬がだいすきになりますよ!
    幼少期の竜馬がとても可愛いのです。

    投稿日:2015.07.02

  • neruco

    neruco

    このレビューはネタバレを含みます

    チビ竜馬がかわいい。メイキング・オブ・おーい竜馬でも言われていたかもしれないけど、お父さんは八平、お兄さんは権平で、竜馬だけ竜馬。坂本竜馬。なるべくして"人物"になったと夢想してしまうよねぇ。通称と名前の違いがあんまりよくわかってないけど。

    ----------

    弱虫な竜馬は、近所でもいじめっ子の的で、姉の乙女に助けられる毎日。そんな竜馬の7つになり学問は楠山塾、剣道は日根野道場にはいるが、塾でも道場 でも落ちこぼれ。とうとう塾を退塾となる。しかし母、幸は病の床でも竜馬を優しく見守ってくれる。そんな幸と花見に出かけた竜馬を見つけたいじめっ子達だが、幸の親切心に心を打たれた彼らは、幸のために捨てられた傘で日傘を作ってくれた。そこに通りかかった上士。土佐では禁止されている郷土の日傘を目撃された竜馬達は…(小学館より)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.03.26

  • 勝沼 悠

    勝沼 悠

     武田鉄矢&小山ゆうが少年時代から坂本竜馬を描く名作。

     「竜馬がゆく」に比べてこちらの竜馬はウェット。竜馬の人生を差別で苦しむ人がない世の中をつくる為に、死んでいった仲間達の為にという軸で描いていく。単純な正義というのとはちょっと違うんだけど、ある意味これは少年漫画の王道だと思う。
     さらに竜馬だけでなく明治維新の立役者達が漫画ならではキャラクターづけをされててメチャクチャ面白い。基本史実に忠実に、そこに大胆な味つけを加えていて、歴史の勉強になる作品でありながら、漫画としても漫画史に残る面白さになっている。

     坂本竜馬という宗教のバイブル。日本中に竜馬を広めてくれた名著。
    続きを読む

    投稿日:2013.07.11

  • minagi39

    minagi39

    このレビューはネタバレを含みます

    携帯コミックで読了。

    司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んでいまして、高レビュー特選の検索で引っかかったこちらの竜馬も読もうかなと。
    そして、私が小さいときにアニメを見て、当時すごい好きだったことも思い出しました。

    大河ドラマでは「八重の桜」も始まりまして
    幕末の時代にまた興味を持ち始めた所で
    ちょうど良いタイミングでした。

    そして、原作武田鉄矢…!ちょうど朝のラジオ武田鉄矢の三枚下ろしを聴いてまして、
    龍馬から八重の話(時代背景、こぼれ話などなど)でいろいろ重なりました。


    話はズレましたが、面白い…!!
    子ども時代可愛いですよね。
    小説ではすぐ、青年になってしまったので
    子ども時代の話が微笑ましい。
    ADHD(発達障害)があったと思われる竜馬、エピソードもそんな感じ満載です。
    ADHDの希望の星だと思っています。
    それもあって、また気になり出したのかも。

    話がまたそれましたが、お勧めです\(^o^)/

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.01.15

  • 永遠ニ馨ル

    永遠ニ馨ル

    全23巻。
    武田鉄矢さんの竜馬愛がひしひしと伝わる作品。
    それに感化されて、私も竜馬が好きになったんですけど。
    それでもちょっと、贔屓目に見すぎじゃないかなぁ。(笑

    投稿日:2011.05.12

  • nanaaaaaaa

    nanaaaaaaa

    いつからか覚えてないほど幼い時から、パパの書斎でこのマンガを読んでました。

    「竜馬がゆく」では描かれていない竜馬の幼少期から死ぬまでのストーリーを堪能することができます。
    史実とは異なる設定もありますが、当時の時代情勢をわかりやすく説明してくれているので、幕末の勉強にもなります!
    幕末って複雑なんですよね…

    お〜い竜馬の竜馬さんはもちろん、出てくる人がみんないい人なんです!
    自然と幼いながらに竜馬さんが大好きになりました^^
    この時からあたしの歴女は始まったんですね。

    坂本竜馬、幕末の入口としてオススメです!

    ちなみに、マンガの脚本は金八先生こと、武田鉄矢さんです^^
    続きを読む

    投稿日:2011.01.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。