不毛地帯 第三巻

山崎豊子 / 新潮文庫
(30件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
11
17
0
1
0
  • 東奔西走


    2009/07/21記録

    (4巻編成の第3巻のレビューです。)

    三連休を使って読了。
    アメリカ近畿商事の社長として、
    単身赴任をする壱岐正が、日本自動車業界の外資提携
    を実現させるべく東奔西走する姿を描く。
    里美副社長との確執はますます根深いものとなり、
    お互いにとって排斥したい存在となっていく。
    二人の思惑は最後まで合致することは無く、
    意外な展開でこの商戦は一旦幕を閉じる。


    後段では、五菱商事の上杉と近畿商事石油部長となった、
    兵頭良一郎が話の中心となり、
    中東を舞台とする石油開発への話へストーリーは移っていく。
    関西糸へん商社と揶揄される近畿商事が、
    鉱区開発権をめぐって社内外の営業を展開するも、
    財閥系商社の高い牙城の前に屈せざるを得なくなり、
    壱岐正の中に不屈の思いが燃え始め、その顛末は、
    最終巻へとつながることとなる。

    2~3巻を一気に読み通したせいか、ちょっと疲れた。
    少し休憩して石油の世界に浸ろうと思う。
    続きを読む

    投稿日:2013.12.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • sakuranoryu

    sakuranoryu

    ドラマではフォークのプラット氏とのやりとりが短くなっていたが、原作では壱岐が理路整然と話し交渉していたことがわかる。官僚や千代田自動車との対談など、千代田自動車編は読みごたえあり。

    投稿日:2017.04.17

  • 文野巡

    文野巡

    太平洋戦争、シベリア抑留、商社での活躍とおよそ一人の人生とは思えないほどたくさんのことを経験する壹岐正、親友の自殺ともとれる鉄道事故死と最愛の妻の事故死を経て、かつて自決した上司の娘との恋・・・
    ボリュームがあり過ぎて凄い、残り2巻の展開が楽しみです。続きを読む

    投稿日:2015.02.14

  • yangsigma1989

    yangsigma1989

    このレビューはネタバレを含みます

    湾岸戦争で成果を挙げ、アメリカの自動車会社と日本メーカーとの提携に奔走する主人公。

    仕事が国際的になってくるにつれ、陸軍時代とはやり方は異なるが、常に国を背負って仕事に取り組む決意を固めていく。

    そんな中で不意に起こる悲劇・・・
    いったい、何のために働くのか、そんなことを考えさせられる第3巻でした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.01.08

  • minerva-48

    minerva-48

    新車種の製造・販売が裏目裏目にでる日本の弱小自動車会社。一方、日本進出の足がかりを求めるアメリカ巨大自動車メーカー。そんな矢先に、主人公の愛妻が突然の事故死。愛娘は、競合商社のライバルの息子と結婚。息子は、財閥系商社に入社し、インドネシアへ赴任。
    傷心しきった主人公は、ニューヨークに転勤し、心機一転し、上記、日米の自動車会社の提携など尽力する。そして、主人公のプライベートも新たな局面が。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.26

  • perezvon

    perezvon

    自動車業界との関わりが続き、退屈になってきた。相変わらず主人公は魅力的じゃないし。そんなことを思ってたらキタキタ濡れ場が。この話、単調にならないよう、ときどきそうしたイベントが発生する。巧妙というかなんというか。続きを読む

    投稿日:2014.09.26

  • まさ

    まさ

    この長い長い物語もようやく三巻。元大本営参謀の壱岐正は商社マンとしてメキメキと頭角を現し、わずか7年で常務に昇格という異例の出世を遂げる。しかし、次期社長と目される里井副社長との軋轢など、急激な出世は周囲との摩擦を引き起こす。この巻で壱岐の手がけた仕事は千代田自動車とアメリカのフォーク社との提携の仲立ちをする事。商社マンにとっては人脈が大事で、壱岐と里井はそれぞれの人脈を駆使し、仕事をリードしようと競争する。

    商社の世界は命がけで恐ろしい。この巻の後半で里井副社長が激務で倒れるのだが、それでも仕事をしようとする、その執念は何だろう? 壱岐にしても、24時間仕事の事を考え自らを酷使している。現在の商社マンもそうなのだろうか?

    高度成長期の日本経済を写し出したような作品と言えるかもしれない。
    続きを読む

    投稿日:2014.05.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。