災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命

鎌田薫(編), 浦野正樹(著), 岡芳明(著), 鈴村興太郎(著), 濱田政則(著) / 早稲田大学出版部

作品情報

科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが、自らを厳しく見つめ、減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に、学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。

第I部 《震災後》に研究者として考えたこと

地域社会学・災害社会学の視点から                   浦野正樹
地域の脆弱性を見つめ復元=回復力を強める
 1 東日本大震災の波紋――過疎・高齢化社会に投げかけられた課題
 2 「想定外」の災禍を生きる?
 3 リスクの可視化と解読/リスク分配の公平姓――社会的な判断プロセス
 4 地域自治と地域での判断軸――地域の存続をかけた問い
 5 災害研究の位相――脆弱性と復元=回復力概念への着目
 6 復元=回復力概念の射程と意義――災害の脆弱性パラダイムの深化


エネルギー・原子力工学の視点から                   岡 芳明
エネルギー問題と福島事故の教訓
 1 エネルギー利用の歴史―化石燃料が主要なエネルギー源、エネルギーは社会の血液
 2 エネルギー・セキュリティー―エネルギー問題は甘くない、つねに戦争/紛争要因
 3 地球環境問題
 4 電気エネルギー
 5 福島事故の教訓
 6 原子力教育
 7 原子力安全の科学的知見の探求と原子力規制専門家の育成
 8 まとめーーエネルギー問題は冷静に多面的に考えよう

公共哲学・経済政策学の視点から                   鈴村興太郎
危機管理への合意形成を求めて
 1 政治主導の危機管理の試金石
 2 学術コミュニティが直面した試練
 3 人文学、社会科学が危機管理の制度設計に貢献する水路は何か
 4 漂着点の現状評価

防災工学・土木工学の視点から                    濱田政則
耐津波学の確立と防災社会の再構築
 1 地震・津波予知の失敗とその後の混迷
 2 耐津波学の構築と津波対策の推進
 3 世界的な自然災害の多発と災害軽減への取り組み

第II部 〈未来〉のために研究者・大学は何をなすべきか

問題提起                               鎌田 薫
四教授のメッセージをいかに受け止めるか
 1 科学の失敗と専門家への不信
 2 社会システムの脆弱性
 3 総合的研究機構としての大学の役割
 4 次代を担う人材の育成
 5 社会に・世界に開かれた大学の条件

ディスカッション                  コーディネーター  鎌田 薫
災害に強い社会へ――科学の役割・大学の使命
                討論者  鈴村興太郎・浦野正樹・濱田政則・岡芳明

もっとみる

商品情報

シリーズ
早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
著者
鎌田薫, 浦野正樹, 岡芳明, 鈴村興太郎, 濱田政則
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
早稲田大学出版部
書籍発売日
2012.09.20
Reader Store発売日
2013.12.27
ファイルサイズ
4MB
ページ数
148ページ
シリーズ情報
全28巻

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 鎌田薫

    • 浦野正樹

    • 岡芳明

    • 鈴村興太郎

    • 濱田政則

    • 早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。