3.11津波で何が起きたか:被害調査と減災戦略

柴山知也(著) / 早稲田大学出版部

作品情報

構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され、激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波の実態。沿岸防災に必要なものは何か。十分な科学的根拠と地域の視点から将来に備える。全国学校図書館協議会選定図書

序 章 想定を超えた巨大津波
 はじめに
 1 津波の高さと被害
 2 過去の津波との違い
 3 調査の概要
第1章 岩手県のリアス式三陸海岸
 はじめに
 1 宮古市田老地区
 2 宮古市
 3 宮古市姉吉地区
 4 上閉伊郡大槌町
 5 釜石市
 6 大船渡市
第2章 宮城県のリアス式海岸
 はじめに
 1 気仙沼市
 2 気仙沼市本吉町中島地区
 3 本吉郡南三陸町志津川地区
 4 牡鹿郡女川町
第3章 宮城県、福島県の低平地
 はじめに
 1 仙台市若林区
 2 名取市
 3 亘理郡亘理町
 4 相馬市
第4章 茨城県と千葉県
 はじめに
 1 茨城県東茨城郡大洗町
 2 茨城県ひたちなか市平磯町
 3 茨城県神栖市,鹿嶋市(鹿島港周辺)
 4 千葉県旭市(飯岡漁港周辺)
第5章 今後の減災対策の展開―構造物だけでは人命を守ることはできない
 1 早稲田大学における複合災害研究の展開
 2 津波防護レベルと津波減災レベル
 3 津波想定の見直し
 4 津波想定の限界
 5 避難の方法と避難場所

もっとみる

商品情報

シリーズ
早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
著者
柴山知也
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
早稲田大学出版部
書籍発売日
2011.12.25
Reader Store発売日
2013.12.27
ファイルサイズ
16.1MB
ページ数
80ページ
シリーズ情報
全28巻

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 柴山知也

    • 早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。