地方自治体は重い負担に耐えられるか:「民」の力を結集する方法

小林麻理(編著) / 早稲田大学出版部

作品情報

大震災の被害に立ち向かう自治体の財政は厳しく、行政力には限りがある。企業・NPO・市民など、民間の様々な力を集める調整役としての自治体の新しい機能を豊かな実例で示す。 全国学校図書館協議会選定図書
第1章 「震災後」の自治体の課題――「調整者」への役割転換―――小林麻理
 1 重い課題と負担――調整者としての自治体へ
 2 新しい自治体への脱皮を
第2章 民間のノウハウの貴重さ――賃貸住宅業界による被害者救援活動に学ぶ―――小林麻理
 1 大震災による住宅被害
 2 全国賃貸住宅経営協会の災害対策活動――震災以前
 3 迅速・果敢な被害者救援活動の開始
 4 福島県と宮城県における成果の差
 5 触媒としての政府へ
第3章 市民社会の多様な力を引き出す――これまでの優れた経験―――小林麻理・蓑田謙司
 1 市民の多様な知恵と力を集める
 2 市民参加型の施設づくり――岩手県北上市さくらホールのケース
 3 NPOによるコーディネート――米国のVANのケース
第4章 伝統的な政府観を脱して――新しい自治体のイメージ―――小林麻理
 1 これまでの優れた試み――美祢社会復帰促進センターのケース
 2 これからの官民協働――発想の転換を!
第5章 地方自治体が変わるチャンス――期待に応えるための3つの提言―――柴 健次
 1 「できること」と「実行すること」
 2 市町村が防災から減災への発想転換を推進せよ
 3 市町村が主体となって復興を推進せよ――「離脱規定」に学ぶ
 4 市町村が地元のつながりの核となれ

もっとみる

商品情報

シリーズ
早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
著者
小林麻理
ジャンル
社会・政治・法律 - 社会
出版社
早稲田大学出版部
書籍発売日
2011.12.25
Reader Store発売日
2013.12.27
ファイルサイズ
3.4MB
ページ数
82ページ
シリーズ情報
全28巻

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 小林麻理

    • 早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える

    もっとみる

    この作品のレビュー

    0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「申込み」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    クーポンコード登録

    登録

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。