ぽんこつポン子(1)

矢寺圭太 / ビッグスピリッツ
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
3
0
0
0
0
  • 笑いあり、感動あり。ほっこり読めるマンガ

    笑いあり、感動あり、ほっこり読めるSFマンガ
    多分、時代は少し先の未来。時代が進んでも、人間の思いとやらを、このマンガで再認識させられる。
    SF好きで、ほっこり読めるマンガが好きなら、お薦めです。

    投稿日:2019.11.30

ブクログレビュー

"powered by"

  • ただ

    ただ

    このレビューはネタバレを含みます

    妻を亡くし、静岡の片田舎で、ひとりで暮らしている「吉岡」爺ちゃんの元にやって来たのは、そこが最後の職場となる、この道30年の、型落ち家政婦ロボット「ポン子」。ふたりの日常生活は、なかなか噛み合わず、それが面白さを呼んでいるのですが、その一方で、突如、切ない場面が訪れます。吉岡は、かつて一緒に暮らしていた家族のことを回想したり、ポン子は、家政婦ロボットなので、基本、何を言われても笑顔でいるのですが、逆にそれが切なく見えるときがあります。人間なら、そこは怒ったり、悲しんだりすると思われるところでも、変わらず笑顔でいる。その時のなんとも言えない「間」も含めて、切ないです。
    また、ポン子の振る舞いがすごく健気で印象に残りました。「イオン流せます」で爆笑し、「お仕事、任されました」でほろりとし、クライマックスは、台風のなかでの「ロボットだって生きてるんです」の台詞です。雨に濡れながら言うポン子が泣いてるように見えてしまうのが、本当に切ない。まあ、その後の話で、吉岡が謝ってくれたときに、ポン子の表情筋が安定してないのが、意図したわけではなくても、ポン子が仕返ししたように見えてしまう。こんなところも面白いし、話の作り方が巧いなあと思いました。ポン子の定年後が500円玉になるのも切ない。吉岡の「人間なんて最期はケムリだ、ただ空に消えていくだけ」の台詞も切ない。切ないばかり書きましたが、基本はコメディーなので、楽しく読めますし、鉄腕アトムを読んだことなくても、問題ないと思います。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.11

  • saruletter

    saruletter

    Twitterでちらっと見て買ったけどいい漫画だ。
    ロボメイド題材ってだけでいいのだけど、いい感じなのよ。 
    後の展開がどう転ぶかがすごく楽しみよ。

    投稿日:2019.08.31

  • 縞猫屋

    縞猫屋

    ドジっ娘メイドロボットって古そうなネタをどストレートに突っ込んでくるんだけど、つい読んでしまう。やられたって感じ。これはハマるわ。

    投稿日:2019.08.16

  • たくあん

    たくあん

    ちょっと疲れていた時に読み、元気が出ました。

    ポン子の相手を思う行動は、自身の生活を振り返り、身につまされる部分があります。
    ちょっとだけ優しくなりたいときに、ぜひ読んでほしいです。おすすめです。

    投稿日:2019.08.09

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。