デート・ア・ライブ アンコール8

橘公司, つなこ / 富士見ファンタジア文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
0
1
0
  • もし、精霊が〇〇だったら

    冒頭から謎の導入もあり、始まった短編集なのですがいつもとは少し趣向が変わっていて精霊が〇〇だったらっと言うifの世界に入っていく感じになっています。
    印象的だったのは七罪がいつものまま先生やっていて、演じていた妖艶な大人バージョンが生徒として同時に出てくる話、花魁になった六喰の話なんかは本人達の可愛らしさもあってよかったですw
    そしてメインにこそならないもののどの話にも出てくるギャグキャラ三人衆二亜、折紙、美九はいい味だしてますねw
    この敵にすると恐ろしいが味方にしても恐ろしい感がいいですw
    さらに最後にはアンコールで輝くあのキャラももちろん出てきていい所持って行きますから彼女のファンも納得な話ですねw
    続きを読む

    投稿日:2019.01.04

ブクログレビュー

"powered by"

  • タカツテム

    タカツテム

    IFというよりパラレル色の強い短編集。それぞれの立ち位置や世界観は変わってもキャラクター性が全く変わらない面々の様子にはちょっと笑ってしまう
    特に美九と折紙はどのような場面でも全くキャラクターがぶれないなぁ(笑)
    最近のデート・ア・ライブはヒロインが非常に増えた影響で一つの場面で話に絡む人物数が多いのが常なんだけど、どのシーンを見ても誰もキャラが埋没していないのは凄い所
    ちょっとしたお題を与えればキャラが勝手に動き、話が成立するってこういう作品を言うんだろうなぁ

    個人的には、遂に自分を攻略する破目になった士道の混乱っぷりとその後の一心同体のような遣り取りには笑ってしまった
    続きを読む

    投稿日:2018.12.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。