一瞬で自己肯定を上げる瞑想法

綿本彰 / KADOKAWA
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • aya00226

    aya00226

    瞑想には失敗はない。多少でも脳が休まればよい。
    自然な呼吸を味わう。
    15分以上の瞑想は目覚め方が大事。ゆっくり体を動かす。

    朝の起き抜けがベスト。時間帯タイミングを決める。いつでもどこでも瞑想できる。3~20分まで。

    腹式呼吸を3~5分味わう。
    眠くなりそうなタイミングではやらない。

    瞑想はマインドフルネスと同じ。ラベリング、呼吸や動作に意識を向ける。

    自己肯定は、自分の感じてるものをありのままに認めること。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.28

  • a0019447

    a0019447

    このレビューはネタバレを含みます

    綿本先生の瞑想の本。シンプルながら大事な部分がわかりやすく網羅されており、さすがという一冊。

    <メモ>
    ・瞑想とは今この瞬間、目の前にある感覚にのみ意識を向け、意識したものを否定せず、ありのまま感じておく心の休息法。今を認める。
    ・大自然と触れ合う機会が少なくなり、漠然とした苦しみにジワリと蝕まれている現代人にこそ必要なもの。
    ・瞑想姿勢を作る時のポイント
     背骨の伸ばし方こそが、瞑想を深める上での最も大切なポイントになる。最小限の力ですらりと伸ばすこと。瞑想とは集中とおおらかさの二つを同時に成立させること。
    集中は背骨の伸びと関係が深く、大らかさは首や肩周りの脱力と直結している。
    ・胸椎は完全に緩み広がっている感じ。
     腰椎は軽いことが大切
     骨盤起きていることが大切。最小限の力で起こす。
     坐骨 その上に乗っている上半身の体重がここに抜けているかんじ
     頭蓋骨 力みゼロ
     頚椎完全に緩みながら引き上げられていく感じ。
    ・前後左右にゆっくり動かしながら背骨のバランスを感じ、余分な力が最も抜けるポイントを探る。
    ・目には心のコンディションが如実に表れ、目の状態を調節するだけで、集中を保ちながら心をリラックスさせることができる。選択肢は開眼、半眼、閉眼の3つ
     キャンドルの炎を凝視したり景色を見たりする開眼。視野を広く持ち、広い範囲が観えている状態で同時にその中の一点に焦点を合わせ、眼をリラックスさせる。生き生きとした好きな人やものを見るような目を保つ。
    ・自然を感じる瞑想法
     五感のいずれか一つを使って自然をただ感じる。
     鳥の鳴き声、波や清流の音、自然の景色、雲の流れ
     そよ風、触れている感覚
    ・内なる自然を感じる瞑想法
     体全体またはその一部に意識を集中させる。
     自然と違い、自分の中にある自然を見る気持ちでただ感じる。意志とは関係なく、様々な変化が皮膚の内側で起きていて自然に移り変わっていく様子を大らかな気持ちでただ受け取っておく。
    ・イメージを深める瞑想法
    ・瞑想が深まらない時
     全ての原因は集中と大らかさのバランスが崩れているから。
     背面の緊張を取るにはバッタのポーズ
     前面の緊張を取るには足上げ腹筋ポーズ
    ・今自分がいる場所で、いま持っているものを使って、できることをやりなさい ルーズベルト
     今自分が置かれた境遇を肯定し、その場所で自分ができることを尽くすということ。広い視野で自分を捉え、ただできることを尽くす。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.07.13

  • swertia

    swertia

    このレビューはネタバレを含みます

    内容としては瞑想の方法と、自己肯定・他者肯定の重要性が説かれていた。否定しないで一度受け入れるということ、瞑想の習慣化はやってみたい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.03.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。