SF JACK

新井素子, 上田早夕里, 冲方丁, 小林泰三, 今野敏, 堀晃, 宮部みゆき, 山田正紀, 山本弘, 夢枕獏, 吉川良太郎, 日本SF作家クラブ / 角川文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
2
2
3
0
0
  • SFとファンタジーの境目

    総じて上手い。
    少し古めかしい感じもするロボット三原則を基にした機械への移入の話、ESPもの、ファンタジー、現代資本主義のポスト構造化の身分感、世代の断裂を起こす技術への達観、無抵抗主義の楽園と没落、そして夢枕獏ワールド。
    名をとげた作家が描いているのでおおむね平易に読めながら楽しめる。
    いくつかの作品は長編を短編に押し込めているようで窮屈にも感じるが、その長さが良いようにも感じます。
    SFももう歴史が長いので読者の肥えた目線に耐えうるかどうかは切実だなあと感じます。
    現代小説には科学技術は欠かせませんから、ある意味では現代小説はSFを飲み込んでしまったのかもしれません。
    と言っても私の日本小説観は大江健三郎と村上春樹で止まっていますが…。
    星5つ。
    続きを読む

    投稿日:2017.04.08

ブクログレビュー

"powered by"

  • Chiehima

    Chiehima

    計11作収監。どれもコンパクトながら、難しくて・・・。だけど、どの作品にも流れているのは、”人はどう在るべきか”という問いなのだと思う。難しかったが、面白かった。

    投稿日:2019.05.07

  • kazzu008

    kazzu008

    SF短編集。どの話も結構面白かった。おすすめ。
    宮部みゆきさんの「さよならの儀式」とか、ほろっとする。
    個人的には、完全ヴァーチャルの世界で生きる人間たちを描いた山本弘氏の「リアリストたち」が好きかな。それと独特の一人称の形式で書かれた新井素子さんの「あの懐かしい蝉の声は」も良かった。。続きを読む

    投稿日:2019.02.18

  • 静華

    静華

     SF界隈での著名人・新人引っくるめてのアンソロジー集です。SFにはあまり馴染みがなく、フィリップ・K・ディックは好きですがそれもアニメ『PSYCHO-PASS』の影響で最初からというわけではなかったので、慣れる、と言うか、映画は好きなんですが小説はなかなか食指が伸びず、アンソロジーならまだ読めるかな?と言う気持ちで購入しました。
     冲方丁さんは、『マルドゥック・スクランブル』を読んでいましたし、新井素子さんは名前くらいは聞いたことがあるなあ、『グリーン・レクイエム』は読んだっけな、夢枕獏さんは『陰陽師』だなあ、とか。
     個人的に好きなのは宮部みゆきさんの作品。ロボットとの哀愁漂う感じが好き。最後ちょっと泣きそうになってしまった。
     これはあの映画みたいな感じだなあ、とか、さらさら読めたので、入門編には良いかな、と言う感じ。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.14

  • るこ

    るこ

    SFアンソロジー。
    新しい作品ばかり。こういうの読みたかった!
    苦手なのもあったけど、全体的には十分に満足。

    吉川良太郎「黒猫ラ・モールの歴史観と意見」:中世ヨーロッパ的な雰囲気とSFの組み合わせが斬新。
    上田早夕里「楽園(パラディスス)」:意識の移植?人格のお話?ちょっと切ない。
    小林泰三「草食の楽園」:別の惑星での文明の発達のお話。読みやすい。好き。
    新井素子「あの懐かしい蝉の声は」:第六感。哀愁漂う感じ。
    宮部みゆき「さよならの儀式」:ロボットとの別れ。切ない。
    夢枕獏「陰態の家」:オカルト。これはSF?ファンタジー?
    続きを読む

    投稿日:2016.08.07

  • 琴吹唯

    琴吹唯

    漂流中の宇宙船内。2人の男が見つけたのは、孤立したコロニーだった。このままの速度では、着陸時に衝突する危険があるが、これを逃すと何千年も掛かってしまう。2人はイチかバチかの賭けに出る(「草食の楽園」)。長年、日常の雑務をこなしていたが、ついに壊れてしまい、廃棄処分されることになったロボット。若い娘は、何とかそのロボットを残そうとするが……(「さよならの儀式」)。他、9編を収録。脳天を貫く刺激を味わおう!続きを読む

    投稿日:2016.06.14

  • はっぱこ

    はっぱこ

    いろんなジャンルのSFがある。
    楽しくてワクワクってよりも、ちょっと手を伸ばすのに躊躇してしまう怖さを含んでいるかのような。

    山田正紀著
    「別の世界は可能かもしれない」
    以降はそんな感じに思えた。

    宮部みゆき著
    「さよならの儀式」
    はホロってくる感動作

    夢枕獏著
    「陰態の家」
    有名で知ってはいたけど初読。読みやすいし、傀儡(くぐつ)屋の妖的な話に引き込まれる。

    新たな作家さんの発掘にもなったかな。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。