びっくり館の殺人

綾辻行人 / 講談社文庫
(102件のレビュー)

総合評価:

平均 2.8
2
15
49
20
7
  • ちょっと異色な館

    びっくり館はこれまでの館シリーズの中でも異色なものです。それもそのはず、作者も巻末に語っているとおり、少年少女を対象とした作品なのです。
    よって前作の暗黒館とは違い、回りくどい表現もなく、それでいて綾辻作品らしく先が気になり、ページをめくるのもついつい早くなり、あっという間に読み終わります。
    常連の登場人物も一瞬しか出てきませんが、語り手の主人公が魅力的で、これはこれでとてもよい作品だと思います。
    ぜひ読んでみてください。
    続きを読む

    投稿日:2015.07.05

  • 子供向きではない?

    館シリーズ八作目。館シリーズはどの作品も趣向が違っていて、読者を飽きさせない作りになっている。今回は大学生が小学生時代のことを回想するという構成になっている。子供向きに書かれた作品ということだが、これはホラーテイストで、個人的には好みの作品であった。
    評価としては、星四つだが、途中、過去作品の決定的なネタばらしがあるので、星一つさげた。
    館シリーズは、最初から順に読むことをオススメする。
    続きを読む

    投稿日:2017.08.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • amazara4

    amazara4

    面白かったし、少なからずびっくりした。残りのページ数見たとき、大丈夫かと不安になったけど。あの館シリーズにしては物足りないけど、子供が楽しめる館シリーズもありだと思う。大人でも楽しく読めたし、子供にも館シリーズに触れて欲しい。続きを読む

    投稿日:2019.11.30

  • seidow

    seidow

    館シリーズ。子供でもよめるように書かれたらしい。
    御屋敷町にあるびっくり館。
    子供時に遭遇した事件を大人になった主人公が、回想していく。
    登場人物も少なく確かに子供でも楽しめるミステリーてす。

    投稿日:2019.11.29

  • kimurakt

    kimurakt

    このレビューはネタバレを含みます

    緋色の囁きみたいな、叙述トリックというか、人間の内面にスポットをあてた作品で、これはこれで好きなんだけど 館シリーズである必要はないよなというのが1番の感想。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.11.28

  • おじょー

    おじょー

    綾辻行人の舘シリーズ。
    トリックもなかなか大掛かりで、さすが舘シリーズと思った。
    でも、今までの作品に比べると、少し質は落ちるかな…。
    舘シリーズといえば、登場人物や殺人事件勃発から解決までかなり絡み合っている…という私の勝手な想像があったのだけど、こちらはあまり絡みすぎずスルスル解けていく感覚だった。
    まぁ、読みやすくはあるから良いのだけれど…。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.29

  • nakamura

    nakamura

    館シリーズの第8作。お屋敷街に佇む怪しい洋館。その名も「びっくり館」。この「びっくり」とは「びっくり箱」のことで、この館の主がたくさんのびっくり箱を作り、屋敷に飾っていることからそのように名付けられたという。

    小学校六年生の三知也は、ひょんなきっかけで館に住む少年と仲良くなり、少年の誕生日会に招待される。事前に不吉な噂を聞いていた館だけあって、恐怖心と好奇心とが交錯するなか、館に訪れることとなった三知也。そこで、少年の祖父による「特別なショー」が幕を開けるのだった…。

    文章は非常に簡易で読みやすい。そんな構造になったの理由は解説で明らかにされるのだが、本作品はもともとミステリーランド発となる。つまり子供向けの小説として書かれているわけだ。しかし、真実は実に不気味で大人向きだ。そこは、正統な館シリーズの系譜を受け継いでいるだけある。


    ところで、黒猫館と暗黒館を読み飛ばしてしまった。特に深い意味はないのだが、暗黒館は分量が多くてなかなか怖気づいてしまう…。次作は黒猫館に挑みたい。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.21

  • ひらひら

    ひらひら

    館シリーズの7作目。
    普通の推理小説だったかな。
    館のトリックも大したことはなかったし、そこまで驚きの結末でもなかった。
    時計館が一番良かったかな。
    まぁ、すべてがいい作品にはならないだろうし、次の作品に期待だね。続きを読む

    投稿日:2018.10.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。