おとこのことおんなのこ

米代恭 / 太田出版
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
2
2
0
0
  • 性に悩み、必死に生きる姿が美しい。

    現実はままならないけど、
    人はみな
    自分らしく生きたいと思っている。
    そして必死に生きようとする姿は
    性を超えて美しい。

    投稿日:2015.05.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • koma

    koma

    性に悩む二人の少年の、あるべき姿を手に入れるための葛藤。精神を病んでいる母親の影響で女装する男のこ(染色体異常で体も女性的)と、女の子になりたい男の子。

    投稿日:2016.11.24

  • ほし

    ほし

    所持/独特の絵柄と雰囲気で、表紙だけみて購入。読んでると不安な気持ちになったりもするけど、96ページの壮ちゃんの寝顔が可愛くて。みんな穏やかに生きれたらいいのに。

    投稿日:2015.09.21

  • ちびねこ

    ちびねこ

    このレビューはネタバレを含みます

    ワイド版だったのか~。…BLではなかったのか~(T-T)。病んだ母親と突然乳房ができた主人公。日常的でも非日常的、不穏因子がふよふよ漂う。淡々と幼女を誘拐?して自分と彼女の子供にしようとしたり。

    …で、結局なんだったの?という幕引きに置いてきぼりくらった感じでしたが、主人公たちの声にならない叫びが聴こえてくる作品でした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.11.16

  • ksnkaym

    ksnkaym

    「あるべきわたしになる」ための主人公の紆余曲折が自然で、主人公たちを取り巻く周りの反応も自然で、いい作品でした。妹ちゃんかわいい。
    それまで違和感ばかりを感じてうまく生きられなかった人が標を持って歩き出す様や、それまで迷わないように生きていた人が迷い出して崩れてしまう、かたくてもろい感じがすごくぐっときました。続きを読む

    投稿日:2014.10.25

  • ayahito

    ayahito

     本当に簡単に言ってしまえば、「性に悩む二人の青年の葛藤と成長を、みずみずしく描いた」作品。お互いがお互いに影響されあって、話は進んでいく。一冊読み切りなので、あっという間に読み終わる。確か5話か6話くらいの構成だった気がする。

     紙幅の関係からか、比較的展開が早くて二人の感情の動きとか、考え方の変化があまり読みとれないように私は感じたかな(登場人物の性格上、あまりやりすぎると設定が壊れるのかもしれないけど)。

     それと、二人を二項対立的に捉えるのは安易にすぎる気もするけど、後半の修次はとっても素敵だったなー。この手の本ではよくある展開なのかもしれないけど、でも憧れる。

     ついでに『青い花』『放浪息子』で有名な志村貴子さんが、帯で絶賛していた。だいたいこの本の内容はその系統、という感じではあるかな。
    続きを読む

    投稿日:2014.04.21

  • こんにゃく

    こんにゃく

    大きな感動、というよりも、じわっと心にくる感じのお話。
    簡単に言ってしまうと、男性性を否定され続けて挙句体が女性的になってしまった男の子と、性同一性障害を持った(たぶんゲイではないのか?)女性性に憧れる男の子のお話。

    淡々と進んだり、急に加速したり、物語の緩急がよくって、それに伴って動く登場人物たちの心がまたよかった。
    台詞周りが特別なわけでもないのだけど、一瞬の間や表情、そういうものがすごく張りつめた空気感や、そこから動き出す解放感を描くのがうまい作家さんだなと思った。
    続きを読む

    投稿日:2013.12.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。