脳のリミッターを外せ!

苫米地英人, 安達元一 / アスコム
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
1
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • booklist1212

    booklist1212

    メモ
    •時間の流れ
    時間は、未来→現在→過去に向かって流れている。
    川の上流から、自分に関わるイベントが流れてくるイメージ。すると、
    現在を過ぎたイベント=過去に縛られるより、これから上流から流れてくるイベントに備えたほうが懸命である。

    •エフィカシーを、高める
    高い自分の能力に対する評価を高めることで、ホメオスタシスが変わり、脳が勝手に実行していく。
    例:ゴルフの最終ホール、3人並んだ状態で一人が脱落した時、一人はガッツポーズ、一人は悔しい顔。
    悔しい顔→エフィカシーが高いため、自分の勝利を常に確信、相手のミスで終わるなんて…という気持ち。

    •お金の価値
    ジェイコム男、200億稼いだデイトレーダーだが、株価が気になり、遊びにも行けない。

    •盲点
    網様体賦活系、rasとは重要と感じない情報をフィルターにかけること。脳がパンクしない為。
    スコトーマ、一つの情報に集中すると他の情報が入らなくなる。

    •コンフォートゾーン
    肉体的にも精神的にも自分が楽で自然にいられる慣れ親しんだ場所。
    悪い習慣を変えられないのもこれが原因。
    変えるには臨場感あるなりたい自分を想像する。

    •頭が良いヒトは、既に知っていることだけでなく、知らないことも理解•認識出来る。常に高い視点で見るので、広い視野で、情報を素早く入手。
    ゲシュタルト能力。
    パラレル思考を身に付ける。言語で考えず、イメージで捉える。

    •ドリームサポーターを作る
    どんな相手も自分にプラスの存在に変えていくことで夢の実現の力となる味方を作る。
    ラポール=臨場感空間を共有する人の間で生まれる親近感。
    相手の内部表現を書き換え、自分の内部表現と同調させる。
    ①リラックスさせる
    ②相手と呼吸を合わせる
    ③相手の内部表現を同調させる。
    →相手の感じていること、見ていることをジェスチャーで伝える。

    •資本主義の真実
    利用出来そうな人間だけを残し、使えない役立たずは平然と切り捨てる。
    人を道具としか見ていない。
    一般市民は奴隷でしかない。
    続きを読む

    投稿日:2012.10.11

  • もちまい

    もちまい

    このレビューはネタバレを含みます

    苫米地英人氏の脳科学の本だと思ったら、自己啓発小説だったので意外でしたが、わかりやすくてとてもおもしろかったです。

    高いエフィカシーは実践してみたいと思いました。
    他にもいろいろとためになる内容でした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.09.15

  • じょぶろっと

    じょぶろっと

    平凡なサラリーマンが師匠からいろいろな教えを学び成功して行く、「金持ち父さん」みたいな話。すぐに読んでしまった。なかなか面白かった。

    投稿日:2012.04.02

  • 新垣政人

    新垣政人

     脳のリミッターを外すというのは、眠っている潜在能力を引き出すといったものではない。いわば、常識と思い込んでいる不合理に身を委ねないということである。
     「思い込み」「偏見」「決めつけ」こういった反応は、動物的に生きていく上では非常に役に立つ。そのほうが楽だからだ。しかし、実はそういった思い込みや常識の背後には、あるいは外側には別の視点や、選択肢が存在するのだ。動物的に生きることを否定はできない。しかしせっかくだから人間が持つ自由の力を最大限活用したほうが「楽」ではないにしても、きっと人生は楽しくなるだろうと思う。続きを読む

    投稿日:2012.02.16

  • o.t.p

    o.t.p

    このレビューはネタバレを含みます

    これは面白い!それにわかりやすい!
    苫米地博士の理論を楽しく学べる。
    初苫米地本として読むには最適なのではなかろうか。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.05.16

  • ひよ氏

    ひよ氏

    このレビューはネタバレを含みます

    苫米地理論を題材にした小説。
    なんか、夢をかなえるゾウみたいな感じ。
    ストーリーがができすぎで滑稽な感じがしたけど、苫米地理論をわかりやすく学べる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.03.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。