アイデアを脳に思いつかせる技術

安達元一, 藤本貴之 / 講談社+α新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
1
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • pyg1013

    pyg1013

    ●セレンシディピティ(掘り出し物をうまく見つけ出す才能、偶然の発見)というキーワードはノーベル賞受賞学者など、いわゆる「現代の賢人」たちがこぞって注目するキーワードとして自然k学・社会科学といった分野の枠を超えた重要概念となっています。
    ●「後進には『セレンディピティを大切に。そのためには自然を直視する謙虚な心、小さな光をも見逃さない注意力と旺盛な研究意欲が必要だ』と指導する」by鈴木章博士(2010ノーベル化学賞受賞)
    ●頭の中から強制的にアイデアを思いつかせる技術 その2 シックスハット法・・・①感情的な視点 ②積極的な視点 ③消極的な視点 ④客観的な視点 ⑤革新的な視点 ⑥統括的な視点 この6種類の視点を6つの色の帽子で分けて6人がかぶる。自分の意思や意見とは無関係に役割を課して、一定の方向に固定しがちな自分の頭を強制的に切り替えていく手法。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.01

  • きゃしもと

    きゃしもと

    使役のタイトルが素敵。
    有名な発想法と、KJ法を簡略化した著者オリジナルの手法を紹介している。
    著者オリジナル手法の優位性は、KJ法より簡単なこと意外ははっきりと分からなかった。

    アイデアを思いつけ、と言われてただテーマについて考えると
    どうしても自分の既存の連想を使った組み合わせしか出てこない。
    そこで連想しないもの同士をルールを適用して強制的に結びつけることで
    「新しい」「ユニークな」アイデアは生まれる、と理解。
    組み合わせ爆発という言葉があるが、組み合わせの数は掛け合わせることで簡単に増えるので。

    ただ、得られた組み合わせが面白いかどうかは分からない。
    提示されている、自分が気になった言葉に敏感であれ、という方針は
    自己満足になるかもしれないが、モチベーションを上げるにはよいと思った。
    続きを読む

    投稿日:2013.04.24

  • manybook

    manybook

    ・しりとり法
    意味や関連性とは無関係のつながりである「しりとり」という機械的な方法であれば、先入観や偏った見方ではない方向で、テーマになっているキーワードを広げていくことができる
    想像力=既知の情報からの連想 時に足かせになる

    ・シックスハット法
    強制的に頭の使い方、モノの見方を切り替えてしまう

    ・マンダラート法
    発散的思考

    ・ブレインライティング法
    6マス☓6行のシート
    各人がテーマについて5分考え、隣の人に渡していく

    ・なぜなぜ5回法

    ・等価交換法
    発想の転換を強制させる

    ・オズボーンのチェックリスト
    頭を使わないで、機械的に処理する
    転用・応用・拡大・縮小・変更・代用・置換・逆転・結合
    SCAMPER

    ・NM法
    ① KW テーマ・課題となるキーワードを書き出す
    ② QA キーワードから類推できるもの(アナロジー)を書き出す
    ③ QB 書きだしたアナロジーに対し「なぜそうなるのか」「どういう仕組みなのか」などの背景や根拠を与える
    ④ QC QBで得られた新しい発想・知見と、テーマや課題を結びつけて新しいアイデアを生み出す

    ・セレンディピティFA法
    情報デザインの5つの分類
    時間
    位置
    アルファベット・50音
    連続量
    カテゴリ

    5日間かけてひっかかるキーワードを50出す
    ①時間 新しい&古い
    ②位置 近い&遠い
    ③連続量 うれしい&悲しい
    で分類
    それと課題を結びつけて考える
    続きを読む

    投稿日:2013.03.16

  • skylarkingky

    skylarkingky

    アイデアを考えるのに技術があったほうが脳みそからの発想が活性されるのは間違いないだろう。

    逆からですが

    第三章では著者が提唱する「セレンディピティFA法」を解説。
    効果はやってみないとわかりませんが、正直これは!と可能性を感じさせるほどの魅力は感じませんでした。
    なぜか・・・めんどくさそうだから、そもそものキーワード抽出のステップに工夫が感じられない(いきあたりばったりでは?)。事象で挙げられているのが、思いつきの域を脱していないと思われるから...

    第二章は、「きづく」ためのヒント/実践法
    納得です。普段の正解からいかにアンテナ感度を上げられるかは大きなテーマです。メモる、Twitterやネットを徘徊、新聞、通勤ルート、適度に距離ある人との会話、写真をとる。
    結局気づくためのトレーニングを日ごろからやっておくということなのでしょう。

    第一章ではアイデアだしの著名な手法を紹介しています。
     ・しりとり法:無作為に言葉を作って発想ヒントにする
     ・シックスハット法:感情・積極・消極・客観・革新・統括的強制志向
     ・マンダラート法:3x3マスを繰り返し数珠繋ぎ連鎖
     ・ブレイン・ライティング法:複数人でアイデアを回覧し足していく
     ・なぜなぜ5回法
     ・マインド・マップ法
     ・等価交換法:等価なモノに置き換えて解決策を考える
     ・オズボーンのチェックリスト法:転用・応用・拡大・縮小・変更・代用・置換・逆転・結合のキーワードで考える
     ・NM法:課題となるキーワード→キーワードから類推できるもの→「なぜそうなるのか」背景「どういう仕組みなのか?」根拠→課題と結びつけて発想

    名前を聞いたことはあるが、有効に活用できているかというと???ですね。まずは著名な手段から実践してみるのがよいかも。

    これも、ココに備忘録を書くことで満足しちゃう自分がいます。
    何事も実践してからスタートなのですが、最初の一歩が重い、重い。
    続きを読む

    投稿日:2013.02.21

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。