悪徳の輪舞曲

中山七里 / 講談社文庫
(35件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
13
16
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • pupunao99

    pupunao99

    御子柴礼司シリーズ第4弾。
    御子柴が目を背けてきた家族。
    妹の梓が母親の殺人容疑の弁護を依頼にやってくる。
    加害者の家族がどれだけ世間に叩かれるか、色々な作品で読むたびに苦しくなる。被害者も被害者家族ももちろん、自分の家族もみんな不幸になる。
    人を殺めるというのは、そういう事なのだと改めて思う。
    今作はシリーズの中でも重要な一作だと感じる。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.17

  • イワトビペンギン

    イワトビペンギン

    このレビューはネタバレを含みます

    本作は、御子柴礼司がついに実の母親の殺人容疑に対する弁護を行うことになる。そのせいか、中谷加七里は本作品『悪徳の輪舞曲』で、加害者家族(つまり、御子柴礼司こと園部信一郎とその家族)に対する被害者家族の視線はもとより、世間一般の無責任な非難の視線も描いてみせた。一般的な感情論でいえば、幼い子供を殺害した少年が、少年法の規定によって、青年と同様の裁きを受けることなく少年院に入り、何年か後には再び世に出る、ということはなかなか受け入れ難いだろう。本作では、さらに、その母親への殺人容疑を通して、親子に継承される殺人気質の血が流れているという風評までが裁きの場に持ち込まれる。直接被害を受けた家族はともかく、世間一般の非難が日に日に増幅していく様は、ネット社会特有のSNSなどでの匿名性も相まって、さらに顕著になっているのではないか。コロナ禍における「○○警察」という言葉が、しばしばメディアで喧伝されるが、これなど顔も名前も知られないという安全地帯に自らの身を置ける安心感を背景に、徹底的におそらくは見たことも聞いたこともない者を叩く者が増えている。自身が特に迷惑をかけられた訳でもないだろうに、名前も顔も「ばれない」ことで自分が神にでもなったつもりなのだろうか。ならば、愚神と呼ぶほかはない。

    本作では、御子柴礼司の母・郁美が福岡に暮らしていた頃(つまり御子柴が殺人を犯した当時)、夫が自殺した。その自殺に疑念を抱いた当時の刑事が、定年間際まで執念で細々と捜査を継続していた。郁美はその後世田谷に住む資産家と再婚し、その相手がかつての夫と状況も、自殺の方法も極めて類似した形で亡くなる。当然、検察の目も、世間の目も、かつて幼児を殺めた少年の母という色眼鏡で郁美を見る。結果として、御子柴礼司は、福岡でのおのが父の自殺にまつわる真相も解き明かすこととなる。

    御子柴礼司の凄さは、もちろんその法廷戦術である。そのために自らの足を駆使して証拠を集めることももちろんだが、絶対不利な心証をわずかな証人の小さな一言からひっくり返して見せ、その後、証拠を無効化してしまう。本作でも御子柴の法廷スキルは、十全に発揮されている。このプロセスを辿ることが、御子柴礼司シリーズを読むことの最大の楽しみである。「ここまで明確な証拠を突きつけられて、これを一体どのように覆してみせるのだろう」という疑問が湧くが、同時に、それは大きな謎が必ずどんでん返しされる中山七里作品に通底する期待感へと変化する。期待感が絶頂に達したとき、物語もまた大団円を迎える。ゆえに、読者は中山七里という作家から大きなカタルシスを得るのだろう。

    シリーズが進むにつれ、御子柴の弁護対象もだんだんと御子柴に近しい者たちへと移ろっている。同時に、そうした者たちを弁護することで、御子柴がかつて犯した罪の真実の姿とともに、彼の内面もまた明らかになってくる。御子柴が依頼を受け、弁護をする事件そのものはもちろん大きな楽しみである。同時に、シリーズが進むにつれ訪れる御子柴の変化もまた大きな読みどころといえる。

    弁護士という職業の特殊性についても、本シリーズを通して見えてくるものがある。どのシリーズ作品においても、御子柴は隠れた真相を暴いてみせるのだが、彼自身は「真相を知る」ことに関心があるのではない。容疑をかけられた依頼人の「容疑」を無効化し、無罪(時には情状酌量を勝ちとる、という戦略もあるようだが)方面とすることに全力を注ぐ。つまり、重視されるべきは「真実」や「真相」ではなく、依頼人の利益なのである。この弁護士たる御子柴礼司としての矜持は、シリーズ当初からいささかも揺るぎない。そして、そこにこそ、御子柴礼司シリーズならではの楽しさがあるように思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.12

  • リリー♪

    リリー♪

    御子柴シリーズが大好きで楽しみにしていたのに、これは突然読めなくなった。個人的に急に同じことの繰り返しに見えてしまった。ラストはいつものように予想外ではあるが、いまいちドキドキしなかった。うーん。

    投稿日:2021.02.07

  • gattolove

    gattolove

    御子柴礼司、最後の10ページで見事な逆転劇を見せてくれました。
    半分は予想がついたけど、お母さんの告白は予想外。段々と人間らしくなっていく御子柴礼司が楽しみです。

    投稿日:2021.01.09

  • shiawasetaro

    shiawasetaro

    いつもながら、最後の最後にひっくり返すのは大好物なんだけど、ちょっと弱くないかなぁ。。。
    相手検事もあまり優秀さを感じさせないし。。。

    伝説の保険調査官、どこかで出てくると期待したけど出てこなかったな笑

    結審まで描いてないから第5部があるとしたら、それも含めて過去をひっくり返すのかな。
    まさかとは思うけどりん子ちゃん、殺されないよね。。。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.03

  • りさ

    りさ

    弁護士、御子柴シリーズの中で一番読み応えがあった作品だと思う。今回の弁護人は御子柴の母親、過去の事件ゆえにこれまでの親子関係が良好でなかった上での弁護。その展開にハラハラさせてもらえた楽しみと、今回はどんでん返しだけでなく、話の冒頭をも絡めた結末に満足感が高いものになった。
    次回の御子柴シリーズに大きく期待をしたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.23

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。