1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

デイヴィッド・S・キダー, ノア・D・オッペンハイム, 小林朋則 / 文響社
(22件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
2
6
9
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • sugar41

    sugar41

    テーマが364個、な点は気になりました。
    構成上、7日/週×52週=364日、とするのが都合がよいことは理解できますが。

    また、他の分野はよくわかりませんが、科学分野は、残念な記述が目立った気がします。
    ということは、他の分野も…、とは思ったものの、そこは、判断できるだけの知見がないので、想像に過ぎませんが。

    というわけで、全部をうのみのにするような読み方は、しない方がよいかと。
    また、これだけで教養が身に付くわけではないので、興味のある分野を見つけ、それらを深掘りする、とか、よく知らなかった分野について、改めて確認してみる、といった行動がともなってはじめて、教養が身に付く、と思ってもらった方がよいです。
    残念な記述の可能性も考えると…。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.02

  • etoile

    etoile

    1日1項目というスタイルはすごくいいけど、これを全部読んだからと言って身にはつかないかな…。
    一番へぇ!と思ったのは115のシスティーナ礼拝堂の修復は日テレが資金援助をしたという件だった。

    投稿日:2019.05.15

  • 2319chan

    2319chan

    図書館で借りて短期間で読む本ではないね。本書を読むと40歳を過ぎてしまった自分の教養のなさに、情けなくなる。
    7つの異なる専門分野から構成されている。歴史、文学、視覚芸術、科学、音楽、哲学、宗教。
    学以外は、本当に知らないことばかりだった。
    ちなみに、日本人で唯一登場するのは葛飾北斎だった。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.17

  • sisitake

    sisitake

    このレビューはネタバレを含みます

    読んでいる最中に強く思った。学校の決められた内容だろうがなんだろうが、歴史の授業をもっときちんと習って記憶し理解しておけばよかった、と。

    まだ二週間ほどしか読んでいないが、読み進めるたびに考えるのだろうと思うとなかなか厳しい。こう考えられたからこそ、一度きちんと纏めて体系的な勉強をしたいと思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.13

  • okky265

    okky265

    世界というか、米国人にとっての世界の教養だと感じた。広く網羅的にカバーされている訳ではないので、タイトルから期待した内容とは違う。クラシック音楽の歴史をおさらいできたのは良かったかもしれない。

    投稿日:2019.03.01

  • megyu

    megyu

    トイレに置いときたい本だな…
    図書館で予約して借りたんだけど、予約者150人待ちくらいだった(笑)ようやく来たんだけど、まじでトイレに置いときたいような本で、一気にじっくり読むタイプの本ではなかった。トイレで毎日一話ずつって感じ。いや、トイレじゃなくてもいいんだけど。。。
    結局読まずに返却予定。せっかく予約して届いたのに(笑)
    続きを読む

    投稿日:2019.01.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。