営業リーダーの教科書

横田雅俊 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
1
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • masato

    masato

    動機付けになるようなアドバイスが多く、非常に参考になります。総じて言えることは、事前準備がいかに大事かということになるのでしょうが、様々な具体的な例に落とし込んでくれています。この本は営業ではない人にとっても良い影響を与えてくれるでしょう。続きを読む

    投稿日:2020.12.11

  • torepan07

    torepan07

    著者は、工学部にて設計を専攻。設計しとして活躍。その後m外資系ISO審査機関にて営業職を経験。「最年少」「最短」「最高」記録を更新し、世界2、300人のトップセールスとして、東京本社マネジャーに就任。その後、独立、代表取締役に就任し現在に至る。

    著書に「諦めない営業」「「営業は感情移入」等々。

    「営業で成功する」「営業力を強化する」と聞くと、厳しいトレーニングや、努力と根性と忍耐が要求される鍛錬を思い浮かべるかもしれない。しかし、実際に成果を上げている営業マンを見てみると、ダントツの売上を上げている営業マンは、ひそうな顔をしているわけでも、根性と忍耐で売っているわけでもなく、それどころか、リラックスして余裕があるようにさえ感じられる。

    本当の意味での営業力の強化を行う時、今よりもっと少ない労力と時間で、大きな成果を手にすることができるようになる。営業マンもノルマや売上目標に追われることなく、自分のペースで営業を行うことができるようになる。

    本書は、より効果的な営業を実践していくために、個人として、組織として何を行う必要があるのかについて具体的に以下の5章に分けて説明がなされている。
    ①現状打破のためすぐにすべきこと
    ②トップセールスの行動法則①
    ③トップセールスの行動法則②
    ④チームをまとめ、人材を育てるために
    ⑤組織として営業力を向上させるには

    職員全員が営業マン。
    それこそが企業の求める姿。
    営業というとつらい・苦しい。数字に追い掛け回されてしまう。というイメージはどこかで持っている。しかし、それは営業だけではなく他の職務でも同じかもしれない。

    これだけ時代が変われば上記のように全員が営業マンというのはあながち間違った言い方ではないのかもしれない。

    それでも難しい営業という仕事。
    モノが売れない時代。作ったら売れるという時代も終わり、色々な工夫が営業には必要であり、色々な工夫をしているライバルに打ち勝つためには、個人のみならず組織、会社としても一体として顧客に満足してもらうことをゴールとして物を売る・サービスを提供することが必要な時代となった。

    個人で付加価値を見出す時代も終わり、組織として付加価値を提供し続ける局面に入ったのかもしれない。

    まずは、本書に書いてあるようなことを各人が自分の立場からそれに対して向き合う必要はある。変わるのは自分から。

    まず変わろう。
    続きを読む

    投稿日:2013.07.08

  • youkey123

    youkey123

    最近、営業の仕事に関わるようになり、読んでみようと手にとった。
    書かれていることは極めて一般的、当たり前なことであるが、基本に立ち戻る意味でいい勉強になった。
    本書の著者の若かりし頃の苦労談をもっと知りたかった。現場から這い上がってきた成功した経営者、愚直に努力を重ね成功した経営者の本を探して、そこから学んでいきたい。続きを読む

    投稿日:2012.08.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。