変態王子と笑わない猫。5

さがら総, カントク / MF文庫J
(21件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
9
8
3
0
0
  • 思い出と共に♪

    4巻まで買って5巻を買わないのは勿体ないですよ
    ある意味の一区切り
    ここまでこのシリーズを読んだ人なら間違いなく大満足な内容です
    説明文にも書いてあるのでネタばれでは無いですが
    今作は過去へ戻ってあんな事やこんな事、そんな事の連続でいくつかの伏線を無事回収する展開です
    終盤も笑って泣けてで心温まります
    3巻辺りで挫折した人、せめてここまでは読んで下さいね
    続きを読む

    投稿日:2014.05.13

ブクログレビュー

"powered by"

  • bukuroguidkodama

    bukuroguidkodama

    この作者の文章はやはり独特で楽しい
    文章芸やライトノベルにおける可読性の追求ともまた違う独特の味
    中身はもうわりと何でも良いので
    書きやすい題材を適当にさらさら書いて欲しいが
    MF文庫の商売としてはそうもいかないか続きを読む

    投稿日:2018.12.08

  • tacom

    tacom

    ちょっと変化球での過去編。
    伏線がいろいろと回収されてくのはなかなか面白い( ̄▽ ̄)
    横寺くんじゃないけど、ヒロインがなんとなく選びきれないんだよなー

    投稿日:2015.10.02

  • 柏葉

    柏葉

    このレビューはネタバレを含みます

    これは……すごく切ない。小豆梓の面倒くさい好意を受けて、流されそうになる主人公。ところが猫神から仕返しとして、過去の世界に飛ばされてしまう。そこで明かされる真実とは。
    主人公がエミを覚えていなかった理由や小さい頃の筒隠月子の思い出の真実、どうしようもなく変えられないことが分かって、とても切なくなった。主人公は昔からいい子でイケメンだったんだね。
    主人公の思い出を、つくしにあげる。主人公は思い出を忘れてしまう。これまでも、これからも。切ない。主人公に姉がいることを初めて知った気がする。主人公も家族について恵まれてないのかな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.05.17

  • ディひター

    ディひター

    これまでの巻で散りばめられていた伏線が、徐々に解決されてきた。
    ただの萌え豚養成ラノベじゃないよ、ぶひい。

    投稿日:2014.06.05

  • 明太子

    明太子

    このレビューはネタバレを含みます

    評価:☆4

    変態系ラブコメ第5弾。
    猫神の力で陽人と月子が10年前に!?

    これまで全く合わなかったから期待もしてなかったんだけど、この巻は面白かった。
    筒隠家の抱えていた問題は想像以上に重くて切なかった。
    そして伏線回収がお見事。最後の最後でなるほどこうだったのかと。
    少年時代の陽人イケメンすぎる。10年後、どうしてこんな変態になったんだ・・・w
    今までは分からずにもやもやしてたのも解消されて綺麗にまとまって好印象。

    ただ地の文の寒さは相変わらず。これはまぁ作者が変わらない以上仕方がない。相性の問題。

    今巻は良い意味で裏切られたな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.05.08

  • Nyappy

    Nyappy

    この巻はとても面白かった。話がシリアスだったせいか、主人公がうだうだ余計な事を吐き散らかさないので、話に集中出来た。

    投稿日:2013.05.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。