人気作家・瀬尾まいこの小説最新作『傑作はまだ』Reader Store独占先行配信開始!

人気作家・瀬尾まいこの小説最新作『傑作はまだ』Reader Store独占先行配信開始!

2019.02.08 -

2019年本屋大賞への作品ノミネートでも話題の作家・瀬尾まいこの小説最新作『傑作はまだ』を3月8日発売の紙版書籍に先駆けて、Reader Storeで電子書籍版を独占先行配信します!!

瀬尾まいこ最新作『傑作はまだ』がReader Storeで独占先行配信です!

『そして、バトンは渡された』で「王様のブランチBOOK大賞2018」「キノベス2018」第1位、さらに2019年本屋大賞にもノミネートされるなど、大きな話題を呼び、その感動が広がり続けている作家・瀬尾まいこさん。この度、Reader Storeでは待望の最新作『傑作はまだ』の電子版を独占先行配信いたします。さらにそれを記念して、“瀬尾まいこフェア”を実施! また、その創作の秘密にもせまるコメントもお寄せ下さいました。この機会にぜひ、瀬尾まいこさんの切なく優しい作品の数々をチェックしてみてください。

傑作はまだ

瀬尾まいこ / ソニー・ミュージックエンタテインメント

¥1,210 (税込)

血はつながってる。だけど家族じゃない。

「はじめまして」から始まった親子の同居生活。近くて遠い二人の物語の行方は――?
優しい涙が止まらない最高のハートフルストーリー。

そこそこ売れている引きこもりの作家・加賀野の元へ、生まれてから一度も会ったことのない25歳の息子・智が突然訪ねてきた。父は月10万の養育費を振込み、息子は写真を一枚送る、それが唯一の関わりだった二人。真意を測りかね戸惑う加賀野だが、「しばらく住ませて」と言う智に押し切られ、初対面の息子と同居生活を送ることに――。孤独に慣れ切った世間知らずな父と、近所付き合いも完璧にこなす健やかすぎる息子、血のつながりしかない二人は家族になれるのか? 
その「答え」を知るとき、温かく優しい涙が溢れ出す。笑って泣ける父と子の再生の物語。

【PROFILE】

瀬尾まいこ(せお・まいこ)

1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。2001年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2009年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞する。他の作品に『図書館の神様』『優しい音楽』『温室デイズ』『僕の明日を照らして』『おしまいのデート』『僕らのごはんは明日で待ってる』『あと少し、もう少し』『春、戻る』『君が夏を走らせる』『そして、バトンは渡された』など多数。

【PROFILE】

【特別企画】瀬尾まいこインタビュー!

ユーモアは大事なものじゃないけど、なくては困るもの。

――小説を書き始めたのはいつごろからですか?

 

大学生くらいだと思いますが、きちんと結末まであるような話を書いたのは一人暮らし(26歳)を始めてからです。

 

――どんな作品が好きですか? おすすめがあれば教えてください。


簡単で読みやすい本が好きです。 最近、『わくせいキャベジ動物図鑑』(tuperatupera著/アリス館※)を読みました! すごくおもしろかったです。

※電子版未発売。

 

――今作『傑作はまだ』は作家が主人公の物語です。作家である瀬尾さんがどんな一日を過ごされているのか気になります!

 

7時15分に起きて、娘を幼稚園に送り出して、適当に洗濯掃除をして、小説を書いて、買い物に行って、娘を迎えに行って遊んで、夕飯を食べてお風呂に入って、9時に娘を寝かしつけて、10時過ぎに夫を寝かしつけて、就寝。

 

――『そして、バトンは渡された』では血のつながらない家族を、今作『傑作はまだ』では血はつながっているけれど会ったことのない家族を、瀬尾さんの作品にはさまざまな形の「家族」が描かれます。「家族」をテーマに描かれることを意識されているのですか?

 

特に家族を書こうと意識はしていないので、たまたまだと思います。 

 

――どんなに切実な状況でも、瀬尾作品の登場人物たちはユーモアを忘れません。瀬尾さんにとってユーモアとはどんなものですか?

 

冗談を言うのは大好きです。人に笑ってもらえるとうれしいです。大事なものじゃないけど、なくては困るものだと思います。

でも、そんなおおげさでもなく、関西圏に住んでいるせいかユーモアは身の回りに自然とあるような気がします。

  

――『傑作はまだ』について、Reader Storeの読者にメッセージをお願いします。

 

私は電子書籍を読んだことがないのですが、そんな新しいシステムでこの作品を読んでいただけるなんてうれしいです。

この小説を読んでくださっている間、少しでも楽しい時間を過ごしていただければいいなと思います。

「瀬尾まいこ」フェア開催中!

【期間】2019/2/8(金)~2/21(木)
【内容】対象作品 最大50%OFF or 30%ポイントバック

30%ポイントバック対象の作品は2019年3月末までお使いになれるReader Storeポイントをプレゼントいたします。
※ポイントバックキャンペーンが重なった場合には、最もポイント還元率が高いキャンペーンのみが適用されます。

そして、バトンは渡された

瀬尾まいこ / 文春e-Books

(169)

¥1,400 (税込)

たくさんの〈親〉たちにリレーされて育った優子。数奇な運命をたどったけど全然不幸じゃなかった少女の物語。

私には父親が三人、母親が二人いる。家族の形態は、十七年間で七回も変わった。これだけ状況が変化していれば、しんどい思いをしたこともある。新しい父親や母親に緊張したり、その家のルールに順応するのに混乱したり、せっかくなじんだ人と別れるのに切なくなったり。(本文より)

幼くして実の母親を亡くし、様々な事情で血の繋がらない〈親〉たちの間をリレーされ、四回も苗字が変わった優子だが、決して不幸だったわけではない!
〈親〉たちの愛を一身にうけて、〈親〉たちのことも愛して、いま十七歳の優子は幸せなのだ。

身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作!

その他「瀬尾まいこ」作品

Reader Storeをはじめてご利用の方向けのプレゼント!

Reader Storeをはじめてご利用の方向けのプレゼント!

※「90%OFFウェルカムクーポン」は最初にサインインいただいたアカウントに付与されています。クーポンの利用は本の購入時に選択してください。
※クーポンReader Storeを初めてご利用される方にプレゼントしています。過去サインインされたことがある方は対象外ですので、ご注意ください。

ご購入後の「瀬尾まいこ」作品はスマートフォン・タブレットの“Reader”アプリでお楽しみいただけます!

STEP.01 “Reader”アプリをダウンロードする

お手持ちのスマートフォン・タブレットに“Reader”アプリをダウンロードしてください。

STEP.01 “Reader”アプリをダウンロードする

▶ XperiaなどのAndroid端末の方はこちらから

▶ iPhone・iPadなどのiOS端末の方はこちらから

STEP.02 “Reader”アプリで本を読む

Reader Storeアプリのダウンロードが完了したら、アプリを起動して、サインインしてください。
※必ず購入した「瀬尾まいこ」作品を本棚に追加したアカウントでサインインをお願いします。

STEP.02 “Reader”アプリで本を読む

“Reader”アプリのサインインが完了したら、「最近購入した本」に購入した「瀬尾まいこ」作品が表示されます。「最近購入したコンテンツ」をクリックしてください。

「最近購入した本」に移動したら、「瀬尾まいこ」作品をダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、「瀬尾まいこ」作品を読むことができるようになります。

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )