【感想】さようなら、私たちに優しくなかった、すべての人々

中西鼎, しおん / ガガガ文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
1
1
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • もりもりサラダ

    もりもりサラダ

    このレビューはネタバレを含みます

    いじめの内容が酷くて、明里が壊れてしまった表現がとてもリアル。読む前はミスミソウを想像したけど、ファンタジーだった。
    復讐対象の7人を残りこのページ数でどう倒すつもり?と不安になるも、超能力でサクサク復讐を遂げていく。期待した部分がちょっとあっさり過ぎたかな…
    最後はまさかのハッピーエンド?オチは好きです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2024.03.06

  • やまざき ふみこ

    やまざき ふみこ

    いじめ、自殺、復讐がすぐ頭に浮かぶ小説なので、今心が弱ってる方はおすすめしないかな…
    まぁ、ハッピーエンドなんで、読んでください。
    あ、B級映画好きな人なら、楽しめそう…かも笑

    投稿日:2024.02.26

  • 木々

    木々

    いじめ、復讐を題材とする作品は多いが、これほどまでに被害者の黒々とした心情を描いたものは見たことがない。
    自己肯定感を地の底までに貶め、卑劣な言動で脳を蝕む様は詳細には描かれてはいないが、実際に死を選ぶまでの思考の過程がリアルだった。
    復讐劇を題材としているが、一人一人への復讐があっさりとしたものであり、復讐者が追い詰められるようなシーンはありはするが、絶対的な力があるのはとても良かった。
    続きを読む

    投稿日:2023.10.04

  • にけ

    にけ

    とにかくこの作品は佐藤明里のエピソードのインパクトがヤバい。翔真の行った酷いことについて具体的な表現はあまりされてないにもかかわらず、壊れる瞬間の描写がエグい。自身を責めて追い込んでいく、黒く染まっていく心情が嫌でも伝わってきた。ガガガ文庫、よくこんな作品を出版したな(褒め言葉)続きを読む

    投稿日:2023.09.28

  • らいら

    らいら

    これはまたすごい。端的に言うと、土着の神様 『オカカシサマ』の力を使った復讐劇。
    神様を使役した行動のおどろおどろしい描写、そして讐劇の悲惨な背景など、暗いストーリーで心にダメージもありますが、独特な作風で楽しく読めました。
    特に、オオカカシサマの使役による復讐は、独特かつ恐ろしいもので、本作特有の面白さがあったと思います。
    本作はこれにとどまらず、復讐劇を通じた冥と栞の恋模様が描かれているのが凄い。復讐劇というある種の特殊状態における恋模様は、悲しくも愛おしく、そして切なく感じました。
    続きを読む

    投稿日:2023.09.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。