【感想】日経マネーと正直FPが考え抜いた! 迷わない新NISA投資術

菱田 雅生, 大口 克人 / 日経BP
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
6
1
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • とおる

    とおる

    ごく初心者向けで、個人的には読みやすくて理解しやすかったです。手っ取り早く新NISAの基礎知識が手に入ります。同じ指向性だから共著なのだろうけれど、著者が二人なのもバランスが良いように感じました。

    投稿日:2023.12.31

  • とく

    とく

    タイトルから新NISA投資のノウハウが事細かに書かれているかと期待したが、基礎的な知識が多く、つみたて投資枠は証券会社別に銘柄のおすすめはあるものの信託報酬の記載がなかったり、個別投資枠は配当利回りTOP20が挙げられているだけで選び方に関しての明記はない。また、余裕資金の少ない若い世代はiDeCoとNISAのどちらを先に使うかというコラムでは、iDeCoのデメリット(60歳まで引き出せない、加入時・運用時・受取時手数料がかかる等)に触れずに、所得控除や非課税のメリットだけでiDeCoを先に使った方が良いとする意見も疑問が残った。

    投資を学ぶならYouTubeやInstagramではなく、以下のような情報源を利用するのがよいとこのこと↓
    ・金融庁「EDINET」
    ・東京証券取引所の「TDnet」
    ・日本取引所グループのサイト
    ・企業自身のIRサイト
    ・金融機関の投資教育コンテンツ
    ・「日本経済新聞」や「日経マネー」
    ・日経電子版「マネーのまなび」
    ・金融中央委員会の金融教育サイト「知るぽると」
    ・「適時開示情報」「KabuDoc」など無料アプリ

    この書籍で学んだこと↓
    ・大事なのは「銘柄選び」や「売買のタイミング」よりも、「ポートフォリオ全体の何%を国内株式に配分するのか」といった資産配分の方が重要だということ。資産配分の割合をどうするかが、将来の運用成績の大半を決めてしまうこと。

    ・なるべく多くの金額を早く投資した方が基本的には有利
    続きを読む

    投稿日:2023.12.06

  • ak

    ak

    新NISAについてのポイントがまとめられており、
    大切なのは、アセットロケーションつまり資産配分だと分かった。資産のうち、国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、預金をどの割合にするのかを自分のライフステージにあわせることが銘柄選びよりも重要だと知った。初心者へのおすすめもかいてあるので、概要理解には分かりやすいと思う。続きを読む

    投稿日:2023.11.24

  • タクミ

    タクミ

    読みやすかったです。
    もう一度要点だけ読み直して、
    「長期・分散・積立投資」を行い低リスクで新NISA始めてみようと思います。

    投稿日:2023.11.21

  • 柴田大翔

    柴田大翔

    このレビューはネタバレを含みます

    この本は、来年度から始まる新NISAと現行のNISAについて解説した本である。投資の必要性とどのように始めるかを学ぶことが出来た。

    銀行の利息はかなり低い。これからはお金に働いてもらう。という認識になると銀行というサービスの認識がかわった。72の法則やリスクヘッジの方法、株式のことまで学ぶことが出来た。お金は目的ではなく手段であるので、ワーホリから帰ってきたら積立したい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2023.10.14

  • さき

    さき

    来年から変わる新しいNISAについての情報を得るために読んだ。

    FPと雑誌「日経マネー」の記者の共著。新しいNISA制度の説明と、おススメの証券会社や銘柄なども紹介している。

    新しいNISA制度は他でも情報を得ているので、再確認。
    投資枠が1800万円になったので、投資はほとんどすべてNISA枠内で行える。年間最大360万円使える。つみたて投資枠は120万円。可能な限り早く最大額1800万円を目指す。
    まずつみたて投資枠を使い、使い切ったら成長投資枠を使う。
    個別株は配当金、値上がり益、株主優待、株主分割に着目して選ぶ。配当金はNISA口座内で受け取れば非課税。
    続きを読む

    投稿日:2023.10.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。