【感想】アントワネット

ロベルト・ヴェラーヘン, 國森由美子 / 集英社文芸単行本
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • オパール

    オパール

    このレビューはネタバレを含みます

    アントワネットというタイトルだけで借りた。まったく予備知識無しに。

    サーマルバスというサナトリウムでの男性の回想。
    彼にはアントワネットという妻がいた。
    一瞬にして恋に落ち結婚したものの、2人にはなかなか子供が授からなかった。
    病院で検査をしても2人ともに異常はないのに・・・

    段々と2人の気持ちが離れていく。
    出会いと別れの話。

    オランダの作家さん。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2022.03.25

  • アヴォカド

    アヴォカド

    このレビューはネタバレを含みます

    全くノーチェックだったのだけれど、國森由美子訳だったので気になって読んだ。
    2人の心と体が離れていくのが男性主人公の立場で淡々と語られていき、時にはどこでどうしてこうなってしまったのかと同情も覚えるのだが、女性の立場で読むと男性のその淡々としたしつこさにちょっとウンザリもしてくる。

    これは優しさなのか愛なのか執着なのか。パートナーと生きるとはどういうことなのか。夫婦とは何なのか、子どもを持ちたいと思うことの意味は。

    ここにあって、迫ってくるのは、齟齬。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2022.01.11

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。