【感想】オーラの発表会

綿矢りさ / 集英社文芸単行本
(124件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
24
52
35
5
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • マロさま

    マロさま

    この主人公のモデルとなる方が、作者の身近にいたのでしょうか。私の身近な人と似ていて、ちょっと胸を痛めながら読みました。
    こういう人は、一種の発達障害グレーゾーンなんだろうな・・・と思っていますが、こういう人が増えているのでしょうか。実は昔からある程度いて、自分が気づかなかっただけなのか?
    この主人公に、どうか明るい未来がありますようにと祈りながら読みました。
    続きを読む

    投稿日:2024.05.06

  • hana

    hana

    面白い。
    純朴な変人(社会になんとなく適応できない個性的な人て意味で)の話しが好きなのよ。
    独特の文体が、今村夏子みたい、と思った。
    今村夏子よりはもちろんマイルドだけど。

    投稿日:2024.04.30

  • チャバンムシのちゃいちゃい

    チャバンムシのちゃいちゃい

    このレビューはネタバレを含みます

    キャラクターがみんな魅力的だった。
    特に主人公海松子のキャラクターは、個人的に連想させるこが周りにいて、声がそのこで再生されていたのだけど、一つ一つの行動、発言が愛おしかった。
    最終的に芽生えた奏樹に対する責任感が海松子のこれからの軸となり、ますます海松子は海松子らしく生きていくだろうと想像し、あたたかい気持ちが拡がった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2024.03.07

  • osugis

    osugis

    綿谷さんのこの独特のキャラは何とも言えず良いなぁと。

    帯に書いてある「人を好きになる気持ちが分からないんです」というのは、凄くわかったりする。
    これが好き?でも、その好きってどういうのだろうと。悩んだり。
    付き合ったことのない僕は、本当の好きを知らないのかなぁ。

    海松子(みるこ)の気持ちは分かるところもあるけれど、極端ではあるよね。
    それはそうと、海松子の付けるあだ名は、なかなか的を射ているような。

    海松子の言うところの「まね師」は、良いやつだなぁ。こういう友達いると良いよね。
    こんな風な経験したかったなぁ。
    続きを読む

    投稿日:2024.02.24

  • ヒュナ

    ヒュナ

    初読み作家さん
    想像していたよりも面白かった

    なんとも不器用そうな主人公だ
    人間関係の構築が上手ではない女の子
    空気が読めない行動や言動、斜め上を行く行動
    主人公である海松子ちゃんは他者に興味がないよりも逆に興味津々なように思う
    本当に興味がなければあだ名なんて付けないと思うし、人の一挙手一投足に興味は持てないと思う
    興味が無いんじゃなくて、人の機微が難しいんだろうなって
    機微が分からないから『空気が読めない』と思われて遠巻きにされるし、彼女自身もどう接すれば良いのか分からなくて結局1人が楽なんだろうなって
    人の機微を感じ取れないと集団には溶け込みずらいだろう
    集団生活には向いていないんだろうなと読んでいて思った
    でもその分何も無いように見えて彼女の世界はとても豊かだと思う
    普通と呼ばれるような人が思いつかないことを考えて行動するような、私からしたら不思議な世界観を持っている
    教師よりも美術的な方面に開花するのでは!?と思ってしまう
    タイトル回収だけは正直、ん…? となってしまった笑
    でも一方通行で一直線思考は彼女らしくも感じられる

    お友達である萌音ちゃんも、最初は嫉妬深い子で嫌な役柄なのかなと思ったけれど、良い子じゃないから凄くリアルで良かった
    悪口も人を見下したりも、多分誰しも経験があって、そこから素直にごめんなさいが言えるかで人柄が変わってくる
    萌音ちゃんは善人ではないけれど、だからこそ海松子ちゃんとなんだかんだ長く付き合えたのであろう
    ズケズケ言いながら愛想振り向いたり、人のこと真似したり嘘ついたりしてたけど、萌音ちゃんのこと、結局最後は私も好きになってしまった

    海松子ちゃんの言動的に、大多数の人が感じるであろう「空気読めないの?」という感情に陥り私は初見で仲良くは出来ないかもしれない
    でも彼女を知ると、その不器用さが逆に信頼に繋がりそうだなって思う

    ちょうど今期アニメの悪役令嬢レベル99 〜私は裏ボスですが魔王ではありません〜 という作品を見ているけれど、その主人公であるユミエラちゃんに近いものがあるな〜と思って、彼女に重ねて読んでいました笑
    彼女も不器用で常識が少しズレていて、だからその分海松子ちゃんも頑張れー!って応援したくなっていた
    続きを読む

    投稿日:2024.02.15

  • よん

    よん

    綿矢りささんの小説初めて読みました。とても読みやすくてびっくり。好きです。
    主人公の女の子の感じ、大好きな村田沙耶香先生に出てくる女の子を彷彿とさせますが、こちらは普通の社会生活にちゃんと馴染んでいけそうな、綺麗な終わり方。先生の他の小説も読んでみようと思います。続きを読む

    投稿日:2024.01.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。