メロドラマ・オペラのヒロインたち

岡田暁生 / 小学館
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • koishi-2018

    koishi-2018

    2017/8/21
    「METライブビューイングアンコール」2017 で また「トリスタンとイゾルデ」を見ることにしました。

    今回はここを読みました!
    ★ リヒャルト・ワーグナー作『トリスタンとイゾルデ』 実人生の中のメロドラマ 
    高尚・難解そうなワーグナーの楽劇も その人生と重ね合わせると なんだかおもしろい。
    確かに、ワーグナーの中では登場人物も少なくストーリーもシンプル。
    動きも少ないので、ひたすら歌とオーケストラを楽しみたい。

    次は全部読みたいですね。
    続きを読む

    投稿日:2019.01.12

  • honokamemo

    honokamemo

    オペラって、メロドラマなのよ。

    タイトルから想像した、ヒロインについて詳しく掘り下げた本ではなく、オペラって、楽しいものなのよ、大いなるメロドラマ、敷居を高く考えず、楽しんで、って、気持ち満載で、愛があふれているんだけど、ちょっと突き放して、女子的には、自分的には、といった身近なところからおしゃべりするような感覚で、楽しめる書。

    オペラからハリウッド映画に至るところが、目からうろこ。
    ハリウッド映画って、オーケストラ好きだなぁ、って思ってたけど、そのココロに言及されていて、ナットク。

    最後に著者肩書をみて、あれ、京大の先生だったんだ。
    京大にもこんなタッチの先生いるのね、って、感心。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。