ハクメイとミコチ 9巻

樫木祐人 / HARTA COMIX
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
4
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ただ

    ただ

    身長九センチメートルの小人、「ハクメイ」と「ミコチ」をはじめとした、その世界の住人や友人たちの日々の暮らしを、淡々と表した連作集。

    連作集と書きましたが、基本は一話完結の短篇なので、この巻から読んでも楽しめると思います。
    が、おそらく、個性的な登場人物の存在が気になり、ハクメイたちとの出会い方も含め、最初から読みたくなること、うけあいです。

    なんて書きましたが、そもそも主役のハクメイとミコチの出会い自体、まだ明らかではなかったのですが、この巻で念願の! これについては、読んでのお楽しみということで。ちなみに、「イワシ」の住居も初公開されてます。大家さんとの交流が温かい。

    世界観については、コンピュータなどのハイテク産業や家電はなく、西洋の中世ファンタジーに近い感じですが、戦争などのバトル要素はなし。それから、「どうぶつの森」の感じが少しあるかも。

    ただ、その世界には、偉大でかけがえのない歴史と時間が、しっかり息づいていて、この9巻までのハクメイとミコチの仲間達の交流の積み重ねや、過去や未来が、ちゃんと物語に根付いているからこそ、物語の内容が深くて面白い。

    「ウカイ」の弔いを毎年やっていることもそうだし、ハクメイが昔、緑尾老のキャラバンにいた過去があることも、たまに登場していた車掌さんのデートにしても、ハクメイ達の会話によって、過去の時間の存在を知る事が出来るし、ファンの方なら、過去の巻のあの話との繋がりで楽しめたり、世界が確かに息づいていることで、読者もその世界の住人になったような気分を味わえる。まるで、ハクメイの頭にのっているクワガタの「コハル」みたいな視点で。

    また、今回は改めてハクメイの性別不詳のネタが騎鳥便にあって、それがまた妙な面白さを出しているのですが(イワシの大家さんが一発で見抜くシーンは、さすが女性だという、作者の細かい設定の作り込みの凄さ)、確かに、ミコチに看病されている話を見ると、完全に旦那みたいになっていますよね。

    個人的に印象深かったのは、司書の「キアン」が休みの日に図書館で過ごす話で、現在、私の近所の図書館が、全て休みになっている状況なので、またこのキアンのように、落ち着いて楽しめるひと時を望みつつも、今の過ごし方を楽しもうと思いました。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.16

  • 紫光なる輝きの幸せを・オルタ

    紫光なる輝きの幸せを・オルタ

     さすがに9巻ともなると登場人物が増えて、誰だっけ?
     となるので、本棚から既巻を取り出して、ついつい一巻から読みふけってしまうそんな物語。
     架空の世界なのに異世界感が無くて、自分が世界に溶け込んで住人になってその場に一緒にいるかのよう。

     巻末の「お前は来んでいいー!」は、個人的な水族館の思い出に繋がって笑いながらも涙が出た。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.07

  • ちゃいこv

    ちゃいこv

    呼んでもらって集って楽しく過ごす
    個々は孤独でも何処かに仲間がいるのは幸せ

    好きな事できる事があるのはいいな
    司書さんの本好きいいね
    料理 鉄道もね(^^)

    投稿日:2021.02.03

  • けんちゃん

    けんちゃん

    ファンタジーのようで現実的な、ハクミコワールドは変わらなくて、ゆっくり味わいました。かぼちゃあり、恋愛あり、出会いの記憶あり。
    今回も仕事に対する姿勢や他者への優しい距離感を感じることができて幸せな読後感でした〜…。続きを読む

    投稿日:2021.01.25

  • MMD

    MMD

    このレビューはネタバレを含みます

    【あらすじ】
    たとえば里芋を食べる時、それが自分と同じ大きさだとしたら?たとえばニンジンを切る時、剣のような包丁を振りかぶるとしたら?身長9センチメートルのハクメイとミコチ、ふたりの生きる世界では「大きい」と「小さい」の基準が私たちの世界とまったく違うのです……!
    育てた野菜がまるまると大きくなってしまう「カボチャとやぐら」、タヌキやアナグマたちと食卓を囲む「大きな集会」、鳥に運ばれて空を飛ぶ「臆病者とズキンガラス」など、最新9巻は「小さなひと」が「大きなもの」を味わうエピソードが楽しめる! さらにふたりの出会いを描いた一篇「出会いと草刈り」も収録。ミコチがまだひとりで暮らしていた頃に突然訪れた“その日”の思い出が、ついに語られます。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    毎年楽しみにしている「ハクミコ」の新刊発売日、1/15が今年もやってきました!
    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.01.18

  • mgsaeki

    mgsaeki

    かぼちゃの世話をする話から。

    ハクメイとミコチの出会いや、ジャダの苦手な知人の話とか司書やイワシの休日とか、面白い話が多かったです。
    短いけど読み応えがある話が多くて楽しかったです。

    投稿日:2021.01.17

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。