ジブリの鈴木さんに聞いた仕事の名言。

鈴木敏夫, 木村俊介, Kanyada / 角川書店単行本
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 高岡  亮

    高岡 亮

    ジブリの鈴木さんに聞いた仕事の名言

    1.こんなひとにおすすめ
    ①ジブリ作品に関心があるひと
    ②宮崎監督、高畑監督に関心があるひと
    ③監督とガチで意見してきたプロデューサー鈴木さんに関心があるひと
    プロの作品にかける想いを知りたいひと

    2.僕の購読動機
    僕の場合は、④です。
    彼らの作品がどのような熱、エネルギーで生まれてきたのか?
    それを言葉で知ることも学びのため。

    3.共感のことば
    ①会社のなかで、いま、このひとが考えていることは?これを想像する心の準備。それが仕事をつくる。
    ②最初からすべてをわかっているわけではない。
    やっているうちに、少しずつわかってくる。
    ③いま、ここにだけ集中する。
    ④出来ない ではなくて、やる。
    ⑤続編を作った瞬間にそうした会社になる。だからやらない。
    ⑥いい作品をつくる。これがジブリの目的。
    会社の維持、発展は二の次。
    ⑦困難は楽しんだ方がよい。コツは他人事ととらえること。
    ⑧僕が本を読む目的は、若いころから変わらない。それは生きていく力。
    ⑨なぜ、この作品を、いま作るのか?その理由があやふやだと後からどれだけ宣伝しても結果につながらない。
    ⑩習ったことがないは強い。経験があることって仕事では危ない。

    4.プロフェッショナル
    仕事の姿勢、そして発せられる言葉。
    作品を作り続ける足跡があるからの言葉の重さ。
    40半ばを過ぎて、改めて、まだまだ志をもって生きることの面白さを教えてもらえた気持ちです。

    一時間もあれば読めます。

    でも、だから二度三度読み返して、こころに落ちる言葉が見つかります。

    そんな本です。

    #読書好きな人と繋がりたい




    続きを読む

    投稿日:2021.02.21

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。