京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ

山極 寿一 / 朝日文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
2
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kirakira30

    kirakira30

    とにかくしなやかな柔らかさの持ち主の方だなぁと、安心して読むことができた。「人間は『共に生きる』という感覚なしには、幸福感が得られない動物」という一言に尽きるのだろうか。

    このコロナ禍で、オンライン化がすすめられている。もちろん、全てを否定するつもりはないけれど、何はオンラインでもよくて(むしろオンラインのほうがよくて)、何はオンラインにしないほうがいいのかをよくよく考えながら、この現実を「おもしろく」向きあっていきたい。

    討論、ディベートのように対決するのではなく、対話を通して、自分の意見ももちろん主張するけれど、相手の言うこともじっくり聞けるようになること、そして、どちらともに何かを創りあげていくための共同作業をやっているのだという意識を持っておくことが、実りある時間となる。

    サルとゴリラの違いも面白いと思ったし、フィールドワークや現地の人と関わりの中から紡がれるエピソードがまた面白い。こういうことを大切にできる人、社会でありたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.15

  • yoshio70

    yoshio70

    ◯山極先生の特異な体験を踏まえて、社会の生き方や人との付き合い方などを記したエッセイ。山極先生のことを知るにあたっても、気軽にさくっと読める一冊。
    ◯類人猿と比較して人間を分析するしては変わらず面白いが、この本で一番のポイントは、時間の使い方である。人と一緒に食事を取ること、付き合うこと、人のために時間を費やすことである。
    ◯これは、アフリカ人との付き合いの中で実感したとあるが、日本でも昔は同様であった。個人主義の行き着くところは、これまでは経済的発展であっても、それも行き詰まった感もある。個人主義という孤独は人をむしばみ、隣に住んでいる人が何をしているかも分からないような現代社会を作り出した。
    ミヒャエル・エンデのモモを彷彿とさせる考えである。自然の中で生きている人々、もしくは自然そのものを相手にしてきた人の語ることだと、また説得力がある。
    ◯ただ、ここまで社会がきて、今さらかつての生き方に戻るというのも何か違う。それこそ、人類は多様な社会を構築することができるのであれば、孤独を埋める社会だって作れるのではないだろうか。それこそ長い時間をかけてでも。

    ◯ちなみにこの本もあまりゴリラ感はない。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.01

  • ikawa.arise

    ikawa.arise

    タイトルからはゴリラの研究から得た知見を人の生き方に敷衍して紹介する内容に取れますが、内容の多くはゴリラの研究をする過程での人々との関わりを通して得られた人生訓や処世術です。

    現代の日本では個人主義や効率が重視されるようになって久しいですが、著者は共食、飲み会、共同体のゴシップなど同調することを必要とする旧来のコミュニケーションの重要性を指摘します。

    同時に人にとって真に重要な点は、ただひたすら自分のやりたいことを続けること、そのためにも前述のように周囲との関係を上手に築くことを学ばなければいけない。対決ではなく相手の立場に立って考えること、対話力を養う必要を説いており、本書には著者自ら経験して得られた多くの格言が散りばめられています。

    「味方をつくるより敵をつくらない」
    「相手のメンツを傷つけずに対立をどこまで崩せるか」
    「小さな組織の場合はあえて中間職をつくらない」
    「加害者になるより被害者になれ」
    「壁に当たったらいろいろな角度からの視点を自分に与える」
    「他人の時間を楽しむ、楽しむために同調して乗る」
    「信頼はかけた時間によって担保される」
    「多様なものを認めつつ自分を失わない」
    「ステータスではなくやりたいことを選べ」
    「There is no problem. There is a solution.」

    特に自分の意志を持ちながら組織で生きることで人間関係に悩む人々は、自ら考えて我が道を行くことを後押ししつつ社会と協調するために必要な多くの助言を与えてくれる本書から、多くの糧を得られることでしょう。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.22

  • 茶柱たつこ

    茶柱たつこ

    ゴリラから学ぶというより、研究をする環境を整えるために周りの人とどう関わっていくのか、という話。
    受け身では何事も動かず、自分で考え相手のことも考え、密な付き合いかたと線の引き方を経験で学んでいくしかないのだろう。
    いろいろなものに興味を持ち、人の話を聞き、議論もいいけれど対話をする。
    いつでも自分は変われるんだと思うこと、「より高みに」ではなくても、ぴょんと横跳びくらいでも「飛べる」意識を持つことが余裕につながる、などは心に留めておきたいと思う。
    時折出てくるゴリラの研究の様子が面白かったので、今度はそちらの本も読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.06

  • Dohyaan

    Dohyaan

    日本中の若者に読んで貰いたい!
    食事を共にするということ、和解をしたいがために争うということ、幻想を描くということ。当たり前のことが尊い。

    投稿日:2020.06.14

  • agesoge

    agesoge

    ゴリラの生態系を調べる自身のフィールドワークに基づく、人間関係論、異文化交流論でとても参考になった。食べ物を分けあってるのは、類人猿しかなく、人間は争いのもとになる料理をテーブルの真ん中に置いて、一人で食べれば数分で済む食事を、何人もで食べるということをして、他者と時間と食べ物を共有している。相手におもろいと思ってもらうこと、問題があっても、必ず解決策はあることなども訴えている。続きを読む

    投稿日:2020.06.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。