契約結婚はじめました。5 ~椿屋敷の偽夫婦~

白川紺子, わみず / 集英社オレンジ文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 有浅ひなこ

    有浅ひなこ

    えっ、これで完結?ってくらいあっけない。後半はすみれ荘の人の話だし、もうちょっと心の動きが欲しかったなー…

    投稿日:2020.01.06

  • いこ

    いこ

    このレビューはネタバレを含みます

    折角お互い自覚したのに、柊一さん、そりゃないでしょという。
    椿屋敷も言っていましたが、随分むずむずしたし、唸りたくもなりました。
    ようやく、本当にようやく偽夫婦がほんものの夫婦になれると思ったのに、踏ん切りがつかなかったのは旦那の方だった。
    香澄さんは自覚は遅かったけれど、彼女の方が余裕がありました。
    謎解きをしている旦那より、嫁の方がある意味視野が広く、心も広かったのでしょう。
    柊一さんの臆病さや思い切りの悪さのせいで一時回り道をしましたが、相談に訪れた人たちの色々な結婚や夫婦の姿を見て、最後にはようやっとほんものの夫婦になれた二人。
    この日をどんなに待ち望んだことか。
    側から見ればどう見てもお似合いだった微笑ましい夫婦が、契約抜きにほんとうの夫婦になれたところまで見届けられたことは、本当に感慨深いです。
    末長く、末長くお幸せに。
    本編は半分もなくて、残りはすみれ荘での話。
    檀くんの方も決着が付きましたし(いやまあ前回一応付いていたには付いていたけど、ちゃんとした意味で決着がついた)結局フラれる形になってしまった元婚約者殿にも救済?話があってほっとしました。
    最後の小春の話も、しんみりとしながらも、ほっこりできて、いい締めの話だったと思います。
    柊一さんにとって香澄さんがどれほど大切な存在だったのかが分かる話だったので。
    いい読後感に満たされたシリーズでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.11.06

  • seasideparadise

    seasideparadise

    これで完。なんか終わり方はあっさり。
    終わりの形はだいたいわかっていたけど、楽しく読んでいたので、もう少し何か描写が欲しかったなぁ。確かに主人公の空気感としてはあっさりなんだけど、その空気感のまま、もう少し・・・という。終わっちゃうのが残念だからかな。すごく面白いというわけでもないけれど(笑)、なんとなくつらつら楽しんでいた。続きを読む

    投稿日:2019.11.06

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。