【感想】赤い髪の女

オルハン・パムク, 宮下遼 / 早川書房
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
1
3
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • brazil-log

    brazil-log

    オルハンパムク「赤い髪の女」https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000014326 久々のパムクやっぱり好き。エディプスコンプレックスを下敷きにした話で、いままで読んだ物に比べるとトルコ事情というか異文化要素は薄くて若干ミステリー味がある。決して明るい話ではないのに(オイディプスだし)なんでかあっけらかんと淡々と話が進んでいくのが不思議でおもしろい。表紙も素敵続きを読む

    投稿日:2023.12.21

  • ゆ

    イスタンブールのオンギョレンで物語は始まる。
    主人公ジェムの父、その恋人。母、赤い髪の女。
    物語が次々と進み思いもよらなかった結末へと。

    マフムト親方のその後がとても気になりつつ読みました。
    まさかね。続きを読む

    投稿日:2023.09.03

  • ASHITAKA

    ASHITAKA

    このレビューはネタバレを含みます

    p11
    ところで話は変わるが、そもそも私たちがよく口にする「考える」という行為はいったい何なのだろう?

    p15
    辺りにはまだ甘い火薬の匂いが漂っている。

    p150
    イラン人は、西欧化するあまりに過去の詩人たちや物語を忘れてしまったトルコ人とは違うんですよ、と彼女は言いたかったのかもしれない。確かに彼らイラン人は詩人のことを決して忘れないから。

    p163
     つまるところ私は、頼りがいのある父親から、人は何をすべきで、何をすべきではないのかを教えて欲しかったのだ。

    p167
    私たちはいまさら勇者とかロスタムとかが出てくる古い物語を読んで喜ぶような世界で暮らしていないもの。

    p264
    どちらがどちらを殺したところで、私には涙が残されるだけなのだから。



    トルコのノーベル文学賞作家の本作。

    父と子、母と子、東と西、井戸と文明化、父殺しと子殺し、詩人と作家、罪と罰、いくつもの切り口で語れそうな作品。
    トルコの小説を読むのは初めて。
    キャリアの長い作家らしく、翻訳もうまいので、異国の匂いや情景や人々の暮らしが香ってくるかのような文章。
    第一部は寓話的な語り口、第二部で時の流れと静かに老いていく様子を淡々と描いている。妻と作った会社の名はソフラーブ。子が父を殺し、妻から取り上げるのは。
    途中出てきた夢に関する本は、ボルヘスかと想像したが不明。あとは、どちらが原点かわかりませんが、テヘランの死神に似た話もトルコに伝わっているのだな、と。
    死神に会った召使いはテヘランに逃げるが、死神はテヘランで会う予定だったと言う。運命からは逃れられない。むしろ運命に引き寄せられるように物語は進む。
    すべてが必然という小説としてはかなり緻密に、手堅く作られている印象を持ちました。偶然は男と女が出会うときに使われる。そして、それも運命。

    訳者あとがきの「赤い髪」の表記が地毛ではなく、染められた髪という解説も納得。ぼかされた邦題が良い塩梅です。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2022.07.28

  • ぽんきち

    ぽんきち

    トルコ・イスタンブルに暮らす少年ジェムの父は、ある日、失踪する。
    ハンサムな父は小さな薬局を経営していた。父はかつて、政治活動をしていて拘束されたこともあり、今回もそれ絡みかと思われた。しかし、母の怒りはすさまじく、失踪にはどうやら政治以外の理由があるようだった。

    家計は火の車となり、ジェムは大学進学の資金を稼ぐため、危険な井戸掘りの仕事に志願する。
    親方は厳しくも温かく、ジェムはその姿に、どことなく父の姿を重ねるようになる。父と似ているわけではなかったが、「父性」の象徴であるように思われたのだ。

    井戸を掘る現場は、イスタンブルから遠く離れたオンギョレンという田舎の地だった。
    仕事が終わって、親方やもう1人の助手と街に繰り出したある日、ジェムは赤い髪の美しい女とすれ違う。女はジェムを親しげに見つめる。街で興行する移動劇団の団員だった。
    ジェムは年上の彼女に魅かれていく。
    実は彼女は人妻だったのだが、ジェムの初めての女性となる。

    水はなかなか出ず、施主からはあきらめるよう仄めかされた。けれども親方は頑として掘り続けた。もう1人の助手は引き払ってしまい、ジェムと親方は2人で作業にあたった。
    厳しい仕事、高まる緊張。
    そんな中、事故が起こる。ジェムは街に駆け下りた。赤い髪の彼女に助けを求めるつもりだったのだ。だが、彼らの劇団はすでにその地を去っていた。
    動転したジェムは、そのまま、故郷へ逃げ帰ってしまう。
    親方への負い目を心に抱えながら。

    長じて、ひとかどの人物になったジェムは、長く封印していたオンギョレンの思い出と向き合うことになる。それが悲劇の始まりだった。

    この物語の根底には、2つの古典的物語がある。
    1つはギリシャ悲劇の「オイディプス王」。父を殺し、母と寝ると予言された悲劇の英雄の物語である。予言を恐れた父王は赤ん坊のオイディプスを殺そうとするが、不憫に思った従者が羊飼いに赤子を託し、彼は異国で成長する。その後、予言の通りのことが起こる。
    もう1つはペルシャの詩人、フェルドースィーによる「王書」の中の勇者ロスタムの物語。ロスタムはかつて旅先でその地の王女と交わり、子をなしていた。あるものの奸計により、父と子は互いの正体を知らずに戦場で刃を交えることになる。一度は息子が優勢となるが、結果的には父が息子を討つ。そして若者が我が子であったと知るのだが、もう息子は虫の息だった。
    トルコを挟み、西と東で生まれた2つの物語。一方では息子が父を殺し、一方では父が息子を殺す。そこには運命的な力が働いており、人は逃れることができないのだ。
    過去を抱えるジェムはこの2つの物語の虜となる。
    さて、ジェム自身の物語は父殺しの物語なのだろうか。それとも息子殺しの物語なのだろうか。

    本作でもう1つ重要なのは、もちろん、タイトルの「赤い髪の女」である。
    彼女はジェムにとってのファム・ファタールなのだが、読み進めていくにつれて、それだけではない大きな役割を彼女が果たしていることが明らかになってくる。
    ロセッティの絵のような髪を持つ女は、父と息子、さらにその息子を結ぶ、1本の太い赤い糸でもあったのだ。

    西と東が交錯するトルコ。その地を舞台とする、神話的な味わいもある物語である。
    地の底に向かい、ぱっくりと開いた暗い穴。井戸を掘り進めるがごとく、深く、深く、張り巡らされた父と子の悲劇へと絡めとられる。
    続きを読む

    投稿日:2021.05.17

  • itomona

    itomona

    父と息子。男と女。それを取り巻くトルコの政治的あるいは文化社会的な状況。イスタンブールの変貌ぶり。いろいろな要素を複雑に組み上げていて、ストーリーとしては読みやすいものの、内容的には結構ゴツゴツした印象。すぐには消化できない。もう何冊かこの作者の作品を読んでみたいと思う。続きを読む

    投稿日:2021.05.05

  • acipin

    acipin

    このレビューはネタバレを含みます

    ノーベル文学賞受賞作家のトルコが舞台の小説。トルコ人作家、トルコが舞台の話を読んだのははじめてに近い。トルコの政治的背景、東西文化がまじわる地域の古典の引用、父と息子の関係性、私にとってはなじみの薄いものがテーマとなっているので、新鮮ではあった。だが共感はしづらいく、なんとなくモヤモヤが読後感にあるなあ… 
    サスペンス仕立てだけど、やはり「文学」なんだなあと思う。文学は、ちょっと苦手…。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。