ざつ旅-That's Journey- 1

石坂ケンタ / 電撃コミックスNEXT
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
1
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 猿山リム

    猿山リム

     はい、旅人です。
     旅を趣味にしている身として、タイトルを目にして表紙を見て・・・買わない選択肢が無くなってしまった。
     雑な旅。
     無計画旅行。
     
     主人公の女の子は新人漫画家。
     賞を獲ってデビューしたけれど、二作目が出せない作家。
     気分転換(?)など諸々の事情で・・・。
     ツイッターで大まかなアンケートを取り、その指示で行き当たりばったりな旅に出る。

     旅の「企画」物とするならば、もっと詳細までアンケートで決定すべきと思うんだけど・・・。
     「有名スポットor無名スポット」「グルメ」「城」「社寺」「異国情緒」「面白い店」「変な看板」・・・。
     そこまでしないのが「雑」さ故なのでしょう。
     大まかに、方角アンケートとか、地方とかをアンケートして、その中で自分がイメージする場所へ赴く流れ。
     旅の中で、色々発見することを紹介していくスタイルが初々しくて好感。

     アドリブ旅は初心者には危険なスタイルではあるが、漫画家さんなので、本来の趣旨である「気分転換」+「取材」と、揺るがない目的があるので、乗り切れるかな。
     素人さんが漠然と真似すると危険だよ。
     何もすることがなく、何もできることがなく、なんでこんなところに来たのか空しくなって激しい後悔に襲われます。
     ある程度、目的はあった方がいい。
     
     ひとりで、他の観光客もいないような山奥の神社に辿り着いて、わかっちゃいたけど何もない事を確認して楽しくなったり、旅好き共感の琴線はそこここに張り巡らされている。

     ひとり旅・ひとり旅・友達と二人・後輩と二人。
     場面を変え、アドリブならではの機動力。
     タイトルの「ざつ」を免罪符に、取材しきれていなさそうな部分はスパッと。
     旅好きは、オチが分かっちゃう展開も無くもないけれど、ベテランが初心者を見守る気持ちで楽しめる。
     
     そうそう。94ページ。
     「映画の荒波のアレ」は犬吠埼だから太平洋側だったりするんだよね。
     日本海じゃなくて。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.12

  • ただ

    ただ

    大体の方向だけ決めて、あとは、その場で感じるままに旅をする話。
    私も、行く場所だけ決めて、現地に着いてから、どこ行くか決めるような旅行が好きなので(さすがに宿泊場所は予約しますがね。)、この行き当たりばったり感が、いいですね。
    絵柄はライトな感じなので、好みが分かれるかもしれませんが、読んでいると、私もまた旅に出たくなります。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.01

  • nopoppang

    nopoppang

    このレビューはネタバレを含みます

    サイコロフリップとか山田家(をモデルにしたうどん屋)とか、どうでしょう好きとしてはニヤニヤする。
    旅に出たくなっちゃうね

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.10.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。