神と理性 西の世界観I 千夜千冊エディション

松岡正剛 / 角川ソフィア文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hiro-9

    hiro-9

    圧巻。紹介された本はほとんど未読だけども、西洋が全体として見えてくる。この本には続編があるようで今から楽しみだ。

    投稿日:2019.11.02

  • yuu1960

    yuu1960

    プラトンから啓蒙主義までの西洋思想史を一望する。
    千夜千冊を初歩的な編集工学でまとめた一冊。

    セイゴオさんにとっては極めて初歩的な編集なんだろうけれど、有難い本。この内容を大学の先生が書いても全然頭に入ってこないと思う。セイゴオさんが知と取っ組み合ってきたレスリングの一つ一つに引き込まれた。
    でも、僕には歯が立たない処も多々。
    あと半年で還暦を迎えるんだけど、今更莫迦が治る訳ないよな~。

    以下、雑感
    スピノザ「エチカ」
    「すべてのものは神が創った。」なら、超越者に対し論証必要なし。
    「世界と神は一にして全。」ひょっとすると証明可能。
    神の自己作出を説明し、人間の認識に重ね合わせていく証明作業。神を信じていることを明らかにするため、理性のナイフで切り分けていく。う~ん。証明をしようとする段階で神の存在がアヤシク思えるんだが。
    「知性によっていかに神に酔えるのか」という方法の提示。説得されそうで怖い。

    ライプニッツ「ライプニッツ著作集」
    本書で一番惹かれたけど、全然理解できなかったのはライプニッツ。量を扱う「数学的思考」と質や関係を扱う「記号的思考」をバロックの「知」で半ば埋めきったという。セイゴウさんが、工作舎時代にライプニッツ著作集出版に関係した顛末も書かれている。他の稿でもライプニッツに触れている箇所があるけど、兎も角トンデモナイ天才とのこと。
    チョッと触れてみたい気もするけど、全然判らないと思う。

    第4章 啓蒙と変悪の庭
    モンテニュー、ヴォルテール、ルソー。へ~、そんな人達だったんだと俄然興味が湧いた。

    モンテニュー、早々に隠遁生活し、長々とゆっくり方丈記を書く。セイゴオさんは「自分を質にいれないこと」を示唆されたとある。

    ヴォルテール、実はペンネーム。風変わりな人だったらしい。署名に哲学とあるが、まったく哲学ではない。読者に実感させるインチキともインチキじゃないような文章。

    ルソー。社会契約論は学校でも聞かされたが、「孤独な散歩者の夢想」では友人達との仲違いを続け、痛ましい自己を追求していく。

    どれか挑戦してみようかな。

    さて、この後は『観念と革命』に続くとある。期待しましょう。
    続きを読む

    投稿日:2019.09.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。