小説 ファイナルファンタジーVII On the Way to a Smile

野島一成 / スクウェア・エニックス
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
5
5
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • woodwood

    woodwood

    FF7終盤からADVENT CHILDRENまでの話。両方を楽しんだ人にはぜひ読んでみてほしいと思う物語が詰まっています。
    登場キャラの魅力がしっかりと描かれており、様々な形ですがそれぞれの心のつながりは「素敵」と表現するのがよさそうです。

    「わたしは―こんなもんよ」「いや」「もっと強い。忘れてしまったのなら、おれが思い出させてやる」「本当?」「たぶん」(P59)
    右手の親指を突き出して、「だったらある!」と大きくうなずいた。…まいったね。これだからおっさんはもう。何の根拠もないくせに。でもあたしが求めていた通りの答え。(P183)
    続きを読む

    投稿日:2013.09.29

  • つきと

    つきと

    このレビューはネタバレを含みます

    http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-370.html

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.06.30

  • k-man

    k-man

    気が向いたので手に取ってみた。ヴィンセントとナナキの件は特に面白かったし、ルーファウスの話なんか結構意外な感じだった。昔、大好きだったゲーム作品を今小説として読むと色々と感じることも違って新しい発見があった。続きを読む

    投稿日:2013.01.27

  • リュウ

    リュウ

    FFはゲームを友達がやっているのをちらっと見た事があるだけ。あとACの映像は持ってます。
    FF7シリーズではCCがお気に入り。
    キャラやストーリーは知っててとても好きです。
    ゲームやDVD見てる人はあのヴィンセントが…!って思うような作品です。
    私がヴィンセント好きだからかもしれないですが(笑)
    FF知ってる人ならさらっと読めてしまうお話です。
    続きを読む

    投稿日:2012.09.29

  • minamix

    minamix

    このレビューはネタバレを含みます

    すごく良かった。
    何回読んでも飽きない面白さだと思う。

    FFⅦやったことある人、好きな人は読むべき!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.03.28

  • tadazzi

    tadazzi

     「FINAL FANTASY VII」から「ADVENT CHILDREN」までの2年間,登場人物たちに何があったのかを描く短編集です。しょっぱなに出てくるのがクラウドでもティファでもなく,FF7でものすごくチョイ役だったジョニーだというところで,FF7ファンとしては心をがっちりとらえられました。
     収められている短編は,デンゼル編,ティファ編,バレット編,ナナキ編,ユフィ編,神羅編の6つと,ライフストリームに溶けている黒いあの人と白いあの人のお話。クラウド,シド,ヴィンセント,ケット・シーことリーブもあちこちに登場します。
     これを読んで,やっと「ADVENT CHILDREN」の話がわかりました。七番街プレート落下事件で両親を失った少年デンゼルが,どういう経緯でティファやクラウドと一緒にいるようになったのかとか,カダージュ一味がどうやって生み出され,何を目的に行動しているのかとか,ルーファウスがどうして生きていたのかとか,これを読んでやっとわかったというか,これを読まないとわかりません。「ADVENT CHILDREN」を買った人は,この本も一緒に買うべきです。
     ルーファウスの話がなかなか良かったです。FF7では強欲・冷酷な経営者の顔しか見せなかった父・プレジデント神羅が,実は息子ルーファウスを誰よりも愛していたというエピソードが良い。それにしても,プレジデント神羅は神羅カンパニーの社長だからプレジデントと呼ばれているのかと思っていましたが,「プレジデント神羅」という名前だったという事実に驚きました。ルーファウスは「ルーファウス神羅」で,「神羅」は社名でなく名字だったのですね。プレジデントの両親は,何を思って息子に「プレジデント」なんて名前をつけたのでしょうか。将来,大統領か社長になってほしいという願いか? ちなみに,「神羅」=名字説はFF7発売当初から妻N子が提唱していましたが,10年以上たってようやくその正しさが立証されました。

     残念だった点が2つ。1つは,著者の野島氏がシナリオを手掛けていないからか,ヴィンセントを主人公にした「DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-」に関係するエピソードが全然なかったこと(リーブがWRO(世界再生機構)の責任者として登場していますが,ヴィンセント本人のエピソードは全然ありませんでした)。もう1つは,同じくFF7関連作品である「BEFORE CRISIS」をプレイしていないので,神羅編のヴェルド元主任のエピソードの意味がわからず,感動できなかったこと。「BEFORE CRISIS」,やってみたいのですが携帯電話用のゲームなので,私のmovaでは手も足も出ないのです。悔しい。
    続きを読む

    投稿日:2011.07.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。