東大教授が考えるあたらしい教養

藤垣裕子, 柳川範之 / 幻冬舎新書
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • paratroop

    paratroop

    このレビューはネタバレを含みます

    同じ事を繰り返し言っており多少の退屈感は否めないが、知識や情報の量よりそれらをベースとして自分の頭で考えることや、課題を見つけ、異分野の人同士で議論し、より良い解決策を探すことが重要と分かった。

    求められるのは課題解決力。情報を選び、他の情報と結びつけて活用する。情報をもとに考える。これらはビジネスの現場だけでなく私たちの普段の暮らしにも必要だろう。この力が足りない、議論が議論になっておらず相手に感情をぶつけるだけになっている人は私を含めて多いと思う。

    相手の立場を想像する力や、相手へのリスペクトがあれば「暴言→謝罪→辞職」のコントも減るはず。口にする前に自分の頭で考えることができれば。

    教養とは何か。正解ではなく、自分なりの答えを探してみたい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.07.28

  • 横溝ルパン

    横溝ルパン

    教養=知識量ではなくなった現在、あらたに求められる教養とはどのようなものか考えさせられる本でした。
    ページ数が少ないこともあり、内容的にもう一歩踏み込んで欲しかったです。

    投稿日:2020.11.20

  • segodon

    segodon

    教養とは何かを深く考えさせる本。
    今の学力向上一辺倒の教育界は一旦立ち止まってみるのもよいのでは。子供に無駄な学力、無駄な時間を過ごさせてはいないか?よく考えてほしい。

    投稿日:2020.10.07

  • こんぶまめ

    こんぶまめ

    新しい教養というタイトルの通り、頁を進めていく中で、「教養」についてスイッチが作動した感じがあった。薄い本の中で、何度も同様のキーワードが繰り返される感じが私には感じてしまった。

    投稿日:2020.09.22

  • O

    O

    なぜ読んだ?:図書館を彷徨ってて、002の「学問とは、知とは、教養とは」といった議論が行われている本たちに、昔は興味なく通り過ぎていたが、教養のためのブックガイドとかを読んだ結果、興味が湧いたから。
    印象に残った話:知識や情報は重要性が低下しつつ、情報量の増大による弊害が起きてること。人は視界に入ったごく狭い範囲の選択肢の中で選んでる。近年では検索アルゴリズムによる情報のランク付けが選択を規定しているが、検索結果がゴミの山なら、選び抜いた情報は「まともに見えるゴミ」に過ぎない。視点の切り替えが大事って話いいね。続きを読む

    投稿日:2020.05.11

  • taiyaki

    taiyaki

    東大の知人に、「頭のいい人を集めてディベートさせればイノベーションが起きると思ってるんじゃないかな?」と過去に聞いたことがある。
    当時はそんなものかと思っていたが、こちらの本を読んでちゃんと意味があったんだと理解できました。
    新たに得た知識を深い学びに変えるには、人に説明したり、議論を戦わせることが必要で、良く知らないとそれができないからだそう。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。