裸の華

桜木紫乃 / 集英社文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
4
5
2
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ホワイトタイガーよー

    ホワイトタイガーよー

    久しぶりの桜木紫乃。
    ベストワンと言いそうになるけど なんかもう一冊すごい好きなのあった記憶が。
    でも間違いなく わたしの中の桜木紫乃ベストスリーに入る。
    途中 胸が痛くなるほど切ない場面はいくつかあるものの 全体として明るい仕上がり。こんな明るい桜木紫乃は初めてかも。明るいというか 軽やかさを感じるというか。ある時期から描く世界に色がついてきたのは感じてたケド それが加速した感じかな。
    まぁ 明るい中に 底無しの闇はあるけど 笑。
    でも 明暗のコントラストというより もっと近い感じ。うまく言えないけど コントラストって わたしの中では 色相で言うと補色みたいに対極にあるイメージなんだけど これは明暗の差は激しいけど スポットライトの隣にある闇 みたいな。全然わかりやすくないか 笑。
    オガちゃんのタンバリン 聞いてみたかった。
    タンバリンって そんな上手下手があるとは知らなかった。でもタンバリン芸っていうくらいだからね
    なんか違うんだろうなぁ。
    オガちゃんが店を訪ねてくるシーン
    いろんな意味で 涙なくしては読めない。
    ファンってありがたいねぇ。
    最後にオガちゃんのタンバリンで踊るノリカを見せられてよかった。お互いに最高のプレゼント。
    熱海の静佳に会いに行ったシーンもほんと切なく 読み進めるのがツライほど。暗闇での再開。どんな強い気持ちで踊り終わるまで観てたんだろ。踊るほうも同じく。たぶんこれが最後になるだろうに 最後までコトバを交わすことなく。楽屋を訪ねることもなく。
    こんなしんどい思いをしながらも ストリッパーとして死にたいって 強いなぁ。それほど 自分の芸に対して揺るぎない自信と愛情があるってことだろうね。
    それにしてもなぁ スポットライト当てる照明さんは
    胸が張り裂けそうだろうし 静佳ファンでないイチゲンサンがほとんどだろうアウェイな舞台で いきなりこれを見せられるって お客さん どんな気持ちだろ。酔っ払ってるだろうし 罵声のひとつも飛びそう。その場面さえ目に浮かぶようで胸が痛くなった。
    なんでここまでって思いに戻っちゃうんだよ ぐるぐると。まさに凄絶。
    そしてノリカ まさかストリッパーに戻るとはなぁ。
    自分で踊りたくなっちゃったのかなぁ。
    それとも わたしの居場所はやっぱり舞台ってことなのかなぁ。ここでもまたファンって有り難いねぇと。
    あたたかいファンの気持ちに迎えられての復活。
    ストリッパー冥利に尽きるね。
    誰かを育てる元気がなくなっちゃったとしても またちょっと違うタイプの店にしていけば良くない?
    わざわざ そんな厳しい道を選ばなくても すごいバーテンダーもいるんだし。と思うわたしは甘いんだろうなぁ。
    抜群にカッコいいオンナとオトコが出てくるって ほんと桜木紫乃変わったね 笑。前はほんと感情移入できない 嫌なひとばっかり出てきたもん 笑。
    この5年後くらいの話が読みたいな。
    ま かかないだろうケド。
    ここで切なく終わるのがいいんだろうね きっと。
    続きを読む

    投稿日:2020.09.10

  • ユニ子

    ユニ子

    実在の踊り子をモデルにした、元ストリッパーが主人公の小説。作者とモデルとなって踊り子との対談等が公開されている。(http://renzaburo.jp/contents_i/093-sakuragi/003/index.html)続きを読む

    投稿日:2020.05.08

  • rock-english

    rock-english

    足を痛めて北海道に流れてきた元ストリッパーのノリカさん。若いダンサーを集めて、ススキノでダンスバーを立ち上げる。店を手配してくれた不動産店の営業マンは、実は銀座の伝説的バーテンダー。新しい人生は成功するのか? 続きを読む

    投稿日:2020.01.24

  • たけやん

    たけやん

    元ストリッパー、フジワラノリカの第二の人生の物語!..って、元祖紀香にこれは許可を得ているのだろうか?それはともかく、これは好き。いつもうら寂しさを感じさせる桜木さんにしては、体温高め。怪我で引退したノリカは、新たにダンスシアターをオープンする。ポリシーは、店の踊り子は脱がせない、純粋たるダンサーに育てる。志願してきた若く才能のある踊り子・影のあるバーテンダー。珍しくほんの数摘、少女漫画的要素をたらしてリーダビリティを発揮。登場人物も皆好き。著者らしさと、新境地テイストのバランスが良い。著者既読上位入り!続きを読む

    投稿日:2019.11.26

  • ふぐ。

    ふぐ。

    いつもはスラスラ読みやすい桜木紫乃だけど
    今回はちょっとキツかったかな

    だけど、つい探して行ってみたくなるような
    その曲を聴いてみたくなる身近な感じはやっぱり好きだった

    あの後のノリカはどうなるのかな?
    みのりと瑞穂は幸せな人生を歩み始めたーとハッピーエンドっぽいのに、ノリカだけが抜け出せないところにいる様で‥
    JINとの新しい展開が待っていたら嬉しい
    続きを読む

    投稿日:2019.11.21

  • tanidah82

    tanidah82

    あのステージに 本当に戻らなければならなかったのかな?
    師匠に再会するシーンで 終わって 良かったんじゃないかな

    投稿日:2019.10.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。