安藤百福(学習漫画 世界の伝記NEXT)

海野そら太, 石川憲二, 石毛直道 / 集英社児童書DIGITAL
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • なおき

    なおき

    http://naokis.doorblog.jp/archives/Ando_Momofuku.html【書評】『安藤百福』〜立花萬平のモデル〜 : なおきのブログ

    <目次>
    三分間のあいだに
    売に目覚める
    青年実業家
    戦後の混乱のなかで
    カップヌードルの開発
    百福の信念
    解説
    年表

    2018.10.21 連ドラ『まんぷく』の立花萬平のモデル
    2018.11.07 読了
    続きを読む

    投稿日:2018.12.01

  • よぴ吉

    よぴ吉

     集英社版・学習漫画 世界の伝記NEXTの中の一冊。
     インスタントラーメンで世界的にも有名な日清の創業者、安藤百福さんの伝記。漫画なので小学生中学年くらいからなら読めそうです。

     朝ドラ「まんぷく」のモデルになった方ですが本当に泉大津で製塩していたんだとか、アイデアを形にするために、試行錯誤を繰り返していたのだなと感じました。
     馴染みのあるカップラーメンがこのように生まれてきたのだなあと興味深いです。

     小学生向けの伝記漫画の宿命というか、一抹のお説教臭さはあるのですが、安藤百福さんはアイデアもさることながら努力の人なんだなあと感じました。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.25

  • akiuwa

    akiuwa

    [墨田区図書館]

    以前読ませた伝記本にも安藤百福は載っていたから、その際の記憶かとも思ったけれど、息子が何か(テレビだったか?)で、「この人知ってる!」と言ったので記憶を新たにしてもらおうと、このところマンガ伝記本をあちこちから借りてきているので、探して借りてきてみた。

    そしたら、ちょうど学校の道徳?国語?でも、「日本のいいところ」みたいな学習で、"日本そのもの"ではなく、"日本(偉)人のすごい人"のようになぜか学習されていて、その中の一人としても例に挙がってきた!
    ……正直、表題からそちらまで、言葉が湾曲していくどころか、一気にトンでしまう学習内容自体には、「そもそも何を学習させるつもりだったんだろう、風土や慣習、環境面じゃないのか、元々この方面で良かったのか、それとも何でもかんでもひっくるめてなのか!?!?!?」と、日本語表現のズレが気持ち悪いのと疑問でいっぱいいっぱいだったけれど(笑)まぁいいタイミングで出会えたことに良しとしましょう。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.22

  • yukkuritone

    yukkuritone

    47才で手元の財産を失い(安藤自身の失敗ではないのだが)、家の敷地に小さな調理実験場を作り、48才でチキンラーメン、その後カップヌードルを発明したというのは驚いた。
    「食創為世」食を作りて世のために為
    「食足世平」食足りて世の中は平和になる
    というのはいい言葉であり、まっとうな信念だと思った。
    続きを読む

    投稿日:2017.02.19

  • ぷいぷい

    ぷいぷい

    今では当たり前に食べられているカップラーメン。発明者は日本人だった!ラーメンは外国が本場だと思っていたので外国人がつくったと思っていました。でも、安藤百福というなの日本人が作ったということが一番衝撃的でした。続きを読む

    投稿日:2014.02.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。