十二人の死にたい子どもたち

冲方丁 / 文春文庫
(74件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
13
20
22
6
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 高等遊民

    高等遊民

    このレビューはネタバレを含みます

    まず思ったのは、この設定でよく最後までグイグイ読ませるな、ということ。例えば、館の内部と外部で並行して物語(内部では事件が、外部では捜査が)進んでいくという筋書きはよくあるけど、完全に内部だけで完結しているミステリーはあまり読んだことがない気がする。確かに少し盛り上がりに欠けるところはあるけれど、それでも最後までダレずに話が進められるのは偏に筆者の優れた筆力の賜物だろう。

    12人の子供たちは、大多数が最終的には死なないことを選び集いは解散となるわけだが、この集いの意味はなんだったのか。謂わば子供から大人への成長なのではないか。思春期の子供たちが、様々な事情から集まり、それぞれ自らの直面する現実(自らの死ぬ運命、所有欲の強い親、自分の無知さ、過去の過ちなど)と気持ちの折り合いをつけ、乗り越えて再び日常に戻っていく。舞台が元病院だったのも象徴的だと言えるかもしれない。それでは日常に回帰することを望まなかったサトシとアンリはどうなるのかと問われると、正直よく分からないとしか答えようがないのだが。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.13

  • 玻璃杯

    玻璃杯

    このレビューはネタバレを含みます

    映画化されたと知って手に取った作品。(映画自体は見ていません)
    タイトル通り最後は集団自殺を決行してしまうのだろうか、ということだけが気になりっぱなしだった。

    一人ひとりが死にたい理由を告白しあう場面が印象に残っている。
    完治の見込みがない病を理由に挙げた子もいれば、なぜこんな理由で…というような子も。
    ラストで主催者の思惑が明かされ、怖いどころかどこかほんわかとした気分にさえなるストーリーだった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.07

  • うさこま

    うさこま

    もっと密室の会話劇なのかと思っていたのだけど、そこに行きつくまでが長かったなー。
    もうちょっと会話劇で12人の子供たちが死を選ぼうとした理由が丁寧に掘り下げられると、もっと感情移入できる登場人物がいたのかな?
    ユキとか、ケンイチとか、サトシとか。

    ゼロ番は誰なのか、ゼロ番を連れてきたのは誰なのか、ゼロ番は殺されたのか、誰が殺したのか…謎が多すぎてうまく集中できなかった。
    映像で観たらもっとすんなり理解できるのかな?
    続きを読む

    投稿日:2019.05.25

  • つとむ君

    つとむ君

    読書会のメンバーの小学生の女の子に借りて読んだ。
    12人のそれぞれの死にたいという理由がそれぞれ違い、私には理解しにくい理由でも当人には死を選ぶ深刻なものだったりということが、軽くあっさりした表現だけれどよく分かった。
    12人も登場するミステリーで、時系列推理の話などは高齢脳の私には追いつけず厳しかったが、なぜだか安心した空間にいるようでハラハラ感よりヨシヨシ感があってよかった。
    貸してくれた女の子は、この小説に触れることで死や自己と他人との関わりについてどう思ったんだろう・・
    続きを読む

    投稿日:2019.05.25

  • きなこ

    きなこ

    映画化になる理由が分かった。最後まで読んで良い本だと思う。推理もあれば、スリリングさもあり、死に対しての考え方もあったり、沢山の感情になった。

    投稿日:2019.05.16

  • NORIS

    NORIS

    2019.4.18中学校図書室(次女)
    「一気読みでおもしろかった、ママも読んでみて!」ということで、わたしも少なからぬ興味はあったので拝借。
    物語の展開は「12人の怒れる男」「12人の優しい日本人」ににて、全員の意見が一致するまでの密室劇か、という予想のもと読みすすめた。踏まえた先行の裁判もの二作は有罪か無罪かの意見をひっくりかえしていくだけだったけれど、この作品は集団自殺を実行するか否かの意志を問うのにくわえて「十三人目」の謎もあり、冒頭の12人が揃う場面まではちょっと時間がかかったけれど、そこからはぐいぐい読めた(ただし巻頭の病院見取り図や冒頭の各人物登場の場面を行きつ戻りつしながら)。ひとりひとりの人物設定とそこに集うに至った理由がそれぞれにしっかりあって、それぞれの子のモノローグがあって、とてもおもしろい。途中は息を詰めるように読み進み、最後はほっとして少しうれしい気持ちになれた。物語中の人物たちと同年代の中高生にもおもしろく読めて得るものがあると思うし、大人は大人の視点で考えさせられる話になっていた。

    映画化もされているが、そちらは人物設定の年齢や見た目を多少変えているようで、どうなのだろう?
    続きを読む

    投稿日:2019.04.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。